寒い冬に楽しみたい!映画や本、絵画をたっぷり味わうためのヒント 寒い冬に楽しみたい!映画や本、絵画をたっぷり味わうためのヒント

寒い冬に楽しみたい!映画や本、絵画をたっぷり味わうためのヒント

2015.12.04 女磨き/ライフスタイル
このエントリーをはてなブックマークに追加
すっかり寒くなり、屋内にいる時間も増えますね。そんなときは本や映画、絵画をじっくり堪能したいですよね。でも、どれを見ればいいのか分からない、なんて人も多いのでは?そこで、本や映画をじっくり堪能するために、選ぶコツをご紹介します。

映画は好きな脚本家・原作者を見つけて展開していく

自分がとっても気に入った映画を見たら、余韻に浸りながらもエンドロールなどで流れるスタッフ、いわば製作者のクレジットに注目してみましょう。

「面白かった」「感動した」と思った作品があったら、誰が脚本かなのか、原作は誰なのかを探してみて。そして、その人をネットで検索してみて、ほかにどんな作品を作っているのか探してみてください。脚本や原作はその人の個性が表れます。ですから、気に入った作品を作った人であれば、ほかの作品も気に入る可能性が高いですよね。

映画のイメージ

本は「同じテーマ」で描いている作品を横に広げてみる

本をじっくりと味わう方法の1つに、ある事件やテーマをモチーフにした作品を探して、それを読んでいくという方法もオススメです。

同じテーマを書き手のいろんな視点から描いているので、「こういう見方もあるんだ」と、その新鮮さにワクワクするはず。また、同じテーマを描いているので、1つ読んでしまえばあとはある程度の知識が入っているので、次の作品が頭に入ってきやすいというメリットもあるのです。

絵画は、テレビなどの特集を見てから

絵画や展示会を見にいっても、説明はありますが、あくまで事実をたんたんと書いてある場合が多いですよね。絵画をもっと楽しみたいなら、テレビなどで特集された「ミステリー」や「背景」を描いたものを見てから行くと、ただ見にいくよりも何倍も楽しめます。

もしそんな特集がない場合は、インターネットなどを活用し描いた人物のことを調べていくといいでしょう。きっと美術館・博物館よりも詳しい情報が載っているはずですよ。そう、要は下調べして見に行くと何倍も楽しめるはず。

美術館のイメージ

大人向けの映画や展示会など、せっかく味わうなら単体で終わらせずいろんな方向に展開してみたり、深く味わうために下調べしていくなど、少しのアイディアで、あなたの秋がもっと楽しくなるはずです。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

美容ライター・ファッションライター・エディター。大手出版社にて10年以上女性誌を担当し、フリーランスに。美容系雑誌は毎月…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる