【陰陽五行】秋のエネルギーからみる!食べ方過ごし方 【陰陽五行】秋のエネルギーからみる!食べ方過ごし方

【陰陽五行】秋のエネルギーからみる!食べ方過ごし方

2015.12.02 エイジングケア/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加
マクロビオティックでは陰陽を食に当てはめて、さらに5つのエネルギーにわけて考える「陰陽五行説」があります。今回は「陰陽五行」についてお話いたします。

陰陽五行説からみた秋

五行からみると、秋の季節は、凝縮・集中のエネルギーが地球上に働きかけます。いわゆる陽性のエネルギーですね。陽性は、地球の自転でいう「求心力」ですから、固まる力、縮まる力、集まる力などになります。ですからその自然の法則、摂理に合わせた過ごし方や食べ方をすることによって、とっても快適に過ごせるようになるわけです。

逆に摂理に反した食べ物や過ごし方をしてしまうと、調子が悪くなり、風邪をひいたり、体を冷やしすぎて免疫力を落としたり、やる気がなくなったり、なんだかうまくいかないということに陥りがちになります。

おすすめは玄米

この時期に食べるといい食材は、私が一番オススメしている玄米です。新米が美味しくいただける時期でもありますから、より一層玄米をたくさん食べていただきたいですね。

玄米はもともと生命力がぎゅっと詰まった命の源である種ですから、陽性のエネルギーを持っています。圧力鍋で炊くことによっても陽性のエネルギーを取り入れ、柔らかくふっくらもちもちで美味しさも倍増。生きるための力を一度にたくさん取り入れることのできる素晴らしい食材です。

玄米のイメージ

小豆をプラスして

玄米と一緒に、この時期に取り入れるといい食材である小豆も合わせて炊くと、小豆玄米ごはんが炊き上がります。

小豆の持っているポリフェノールも、美容には欠かせない栄養成分。ポリフェノールは、強い抗酸化力を持ち、美白作用、血行促進作用による冷え性改善や代謝UP効果などが期待できます。小豆には鉄分や葉酸、タンパク質も豊富ですから、貧血の改善にもつながります。

また、小豆は腎臓の働きを助ける食材としても取り入れる食材ですから、積極的に食べていただきたいですね。

小豆と玄米を一緒に炊くと酵素玄米にもなりますから、何日か日持ちもして消化がよい玄米の状態になり、食べやすくもちもちさが増して、さらに美味しくなります。

玄米小豆ご飯のイメージ

酵素玄米については次回詳しくお伝えしていきますのでお楽しみに。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

「モデル・ビューティーフード研究家」として、体の中からキレイになれる食を追求し、セミナーや各種講演・プロデュース商品など…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる