女の魅力を格上げ!!肌が綺麗に見える「赤リップ」の選び方 女の魅力を格上げ!!肌が綺麗に見える「赤リップ」の選び方

女の魅力を格上げ!!肌が綺麗に見える「赤リップ」の選び方

2015.11.28 女磨き/ファッション
このエントリーをはてなブックマークに追加
ここ数年、流行の赤リップ。2015年の秋冬もこの人気は続きそうです。つけるだけで、ぐっと女性らしさと華やかさが引き立つ赤リップは、クリスマスパーティなどにもぴったりな色。ただ、一方で色味の選び方が難しいとの声もあります。どんな色味を選べばベストなのか?赤リップの選び方をまとめました。

肌の色と相性のいい赤を選ぶ

赤リップは、華やかさがでる反面とても目立つ強い色。そのため、色味によっては、色だけが悪目立ちする場合があります。そんな事態を避け、似合う色を見つけるコツは、肌色に合う色を選ぶこと。なぜなら、肌に馴染む色は、色の強さを緩和し、華やかな印象だけをアピールしてくれるからです。

ヒトの肌色は、大きく2タイプに分かれます。一つは、青みの強い色が似合う肌色ブルーベース)、そしてもう一方が、黄みの強い色が似合う肌色イエローベース)です。タイプによって、似合う赤色が異なります。

ご自身の肌色がどちらのタイプであるかは、お肌に馴染むアクセサリーでおおよその検討がつきます。シルバーやプラチナのアクセサリーで、肌が綺麗に見える方は「ブルーベース」、ゴールドで綺麗に見える方は「イエローベース」の可能性が強いです。

⇒肌色の見分け方は、コチラの記事も参考になさってください。
『自分を綺麗に見せるのは「何色」?パーソナルカラーを味方につける【3】』

タイプ別肌が綺麗に見える赤リップ

ブルーベースの方は、青みを感じる、ピンクや紫がかった赤がお似合いになります。真紅、ローズレッド、ベリーレッド、バーガンディなどの赤色です。

一方、イエローベースの方に似合うのは、黄みを感じる、オレンジやブラウンがかった赤。オレンジレッド、トマトレッド、コーラルレッド、れんが色などの赤色です。

はっきりした色が苦手な場合

はっきりした赤リップは、彩度(色の鮮やかさ)がとても高い色。人によっては、色味以前に、この鮮やかさが苦手な場合もあります。そんな場合は、ブラシを使わず、指でぽんぽんと薄く色を足す塗り方がおすすめ。これだと、赤の彩度が下がるので、鮮やかな色が苦手な方も、取り入れやすくなります。

最後に

色っぽさ華やかさ、それを同時に叶えてくれる赤リップ。色選びが難しいからと敬遠するのはもったいないです。お肌が一番綺麗に見えるベストな赤色で、秋冬のメイクに「華」を足してくださいね。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

パーソナルカラー診断、骨格診断、色彩心理から、ファッションのお悩みを解決するカラーコンサルタント。主な資格は、AFT1級…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる