心まで貧しくしちゃダメ! 気持ちよく節約する方法 心まで貧しくしちゃダメ! 気持ちよく節約する方法

心まで貧しくしちゃダメ! 気持ちよく節約する方法

2015.11.26 女磨き/ライフスタイル
このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたは「節約」していますか? だとしたら、「なんだか切ない気分」になんて陥ってはいませんか?節約すると、どうしても心まで貧しくなりがち。でも、それでは長くは続きませんよね? そこで今回は、心が貧しくならない節約のポイント3つをご紹介します。

「シンプルでいいもの」を丁寧に、長く使う

ついついやりがちなのが、無駄なお洋服のちょこちょこ買い。お買い物は女子にとっては、ストレス発散にもなりますし、やっぱり楽しいですよね。でも衝動買いなどで、着ない服や1シーズンしか着られない服を買ってはいませんか?

これって意外と積もり積もればけっこうな出費です。でもオシャレを我慢すると、心まで寂しくなりがち。そんなあなたには、シンプルだけど、長く着られるいいものを揃えてみてはどうでしょうか。1着買うのは勇気がいりますが、一度買ってしまえば長く着られるので、結果的に節約になります。

服のイメージ

化粧品は1点だけ高級品を取り入れる

感度の高いあなたなら、お化粧だってやっぱりいいもので揃えたいもの。でも、高級品で全部そろえるとその額もバカにはできません。かといってプチプラコスメだけだど、心も貧しくなりがち。

そんなときは、1点だけ高級品をセレクトしてみてはいかがでしょうか。特にオススメなのは、スキンケアに1点取り入れること。お肌の本質を整えてくれますし、なにより上質なデザインの容器や香りがお手入れの時間を上質なものにしてくれます。

よく食べる食材だけはいいものを

節約で一番やりがちなのが食費の節約。でも、なにもかも節約してしまうと心が貧しくなるばかりか、身体にだってよくありません。そこで提案したいのが、よく食べる食材だけは「高くてもいいもの」を買うようにしましょう。

例えば、お米やパンなどの基本食材を「いいもの」に変えるだけで、味わいだってぐんと上がります。そしてよく食べるものだからこそ、いいものを選べばいい身体作りにもなります。

お米のイメージ

節約はついつい心が貧しくなりがち。でも、それでは長くは続きません。貧しい気持ちに陥って、すぐに挫折しては本末転倒。きちんと続くよう、日々の生活のなかに1点だけはいいものを取り入れて、楽しく長く続く節約をしてみませんか?

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

美容ライター・ファッションライター・エディター。大手出版社にて10年以上女性誌を担当し、フリーランスに。美容系雑誌は毎月…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる