頑張ってもリバウンド・・・「生理前は太りやすい」って本当? 頑張ってもリバウンド・・・「生理前は太りやすい」って本当?

頑張ってもリバウンド・・・「生理前は太りやすい」って本当?

2015.11.25 痩身/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加
順調にダイエットしていたのに、生理前になったら一気にリバウンド。「これまでの苦労が水の泡になってしまった」という経験はありませんか? 実は、生理前は太ったように“思いやすい”時期。体重増加もむくみも、暴れがちな食欲も、“意志が弱いから”ではないんです。

生理前は「ブサイク週間」

生理前は「黄体ホルモン」の分泌が盛んになります。黄体ホルモンは、体内を“赤ちゃんを産める環境”に整えるホルモン。赤ちゃんを守るために、水分や栄養分を溜め込もうとする性質があります。そのため、生理前になるとむくみや便秘に悩まされたり、体重が増加したりします。

「なんだか顔が大きくなったような気がする」「身体が重たく、だるい」「手足がパンパンにむくんでしまう」これらは、ホルモンバランスの変化のせい。体重が1〜3kg増えるのも、自然なことなんですよ。

むくみのイメージ

また、普段とホルモンバランスが異なるため、精神的に不安定になりやすく、食欲のコントロールも難しくなります。生理前になると、なぜか甘いものばかり食べたくなったり、どか食いしやすくなったりしますよね。

このように、生理前はホルモンバランスの変化によって体型や精神のコントロールがむずかしくなる時期。心にも身体にも不調を感じやすくなる「ブサイク週間」なんです。

生理前の体重増加は「気にしない」

生理前になると、水分を溜め込むようになるため、自然と体重が増えてしまいますが、1〜3kgなら自然なことですから、気にしすぎないことが重要。増加した体重に不安になって無理に体重を減らそうとすると、ストレスを溜め込み、さらにどか食いに走ってしまう可能性があります。

ストレスのイメージ

普段以上に食べ過ぎなければ、生理が終わる頃から増えた体重が徐々に元に戻っていきます。「生理が終わったらまたダイエットを始めよう」と気楽に構え、ストレスを溜めすぎないことが大切。生理中はストレスを溜め込んでどか喰いに走らないようにすることに専念しましょう。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

がっちり・むっちり体型がコンプレックスの“自信をもてない自分”から脱却するため「セルフトレーニングコーチ」として自身を輝…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる