頑張ってるのになぜ!?「ダイエットしているのに痩せない」理由とは? 頑張ってるのになぜ!?「ダイエットしているのに痩せない」理由とは?

頑張ってるのになぜ!?「ダイエットしているのに痩せない」理由とは?

2015.11.22 痩身/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加
「食事制限をしているのに痩せない」「運動を始めたのに痩せない」ダイエットがうまくいかないのには理由があります。今回は、せっかくダイエットをしているのに上手くいかない3つの理由をご紹介します。当てはまる人は、要注意・・・!

内臓や末端が冷えている

冷えはダイエットの大敵。体内が冷えると体液循環が滞るため、代謝が低下してしまいます。栄養素が行き渡らないため、消化や吸収、エネルギーの消費がうまくいかない、“太りやすい体質”に。また、老廃物がスムーズに運ばれず、むくみや体脂肪として溜め込みやすくなってしまいます。

代謝を高めるためには、運動や服装の工夫などで手足などの末端や内臓の冷えを予防・改善することが大切。温かい食べ物や飲み物を取るのもおすすめです。

冷えのイメージ

生理前や生理中である

生理前や生理中は、女性ホルモンのバランスが変化することで、水分や栄養素を溜め込みやすくなっています。そのため、ダイエット中なのに「あれ?リバウンドしちゃった!」と思うほど体重が増加することも(1〜3kgほど増加することがあります)。これは月経周期による自然な変化ですからリバウンドだと思う必要なし。

おなかを温めて身体への負担を減らす工夫をし、生理前の不調や不快感を乗り切りましょう。暴飲暴食を防ぎ、負担にならない程度の運動を取り入れてゆったりと過ごすことが大切です。

食事を制限しすぎている

体重を減らしたいからといって極端に食事を減らしては、エネルギー不足でカロリーを消費しにくい体質になってしまいます。筋肉や肌細胞の材料であるたんぱく質(肉や魚、卵、豆製品、乳製品など)の不足には、特に注意したいところ。また、脂肪や糖質の代謝をサポートするビタミンB群も重要です。ビタミンB群は、ご飯や卵、納豆、魚などに豊富です。

食事制限のイメージ

ダイエットをしているつもりなのになかなかうまくいっていないという人は、この中に原因が隠れているかもしれません。体内を温めて、エネルギーを消費するための栄養素をしっかり補給し、体内のはたらきを活性化させることが大切。ぜひ痩せやすい体質へと調節してみてくだいね。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

がっちり・むっちり体型がコンプレックスの“自信をもてない自分”から脱却するため「セルフトレーニングコーチ」として自身を輝…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる