スタイルが良くなる!エレガントな座り方-下半身編【2】- スタイルが良くなる!エレガントな座り方-下半身編【2】-

スタイルが良くなる!エレガントな座り方-下半身編【2】-

2015.11.11 女磨き/ストレッチ・エクササイズ
このエントリーをはてなブックマークに追加
前回の『スタイルが良くなる!エレガントな座り方-下半身編【1】-』でお伝えしたように、座り方の積み重ねが、体型(スタイル)を作っています。「足の置き方」を実践できた方は、次に、「体重のかけ方」について、チェックしていきましょう。ジャイロキネシスでは、正しく体重をかけられる体をつくるトレーニングをします。それだけ、体重のかけ方への意識は大切です。

足裏にのる

前回お伝えした「足の置き方」の状態で、左右の足裏に意識を置いてください。

1.足裏全体に均等に体重が乗っているか(親指側または、小指側に偏ってないか)
2.左右の足裏に均等に体重が乗っているか(右足だけ、左足だけに乗っていないか)

ヒールを履いてかかとが浮いている状態のときも、足裏全体が地面についているイメージをもって、足先部分はしっかりと地面につけます。

坐骨にのる

坐骨に乗りましょう!坐骨とは、お尻の下にあるグリグリした2つの骨です。

1.左右の坐骨に、均等に体重が乗っているか。
  ⇒パソコンやスマホに向かっているときに、体がねじれて座っている方は、どちらかに体重を乗せて座ってしまいます。

2.前後偏りなく真ん中に乗っているか
  ⇒前のめりの姿勢で骨盤が前傾していると、坐骨の前方に乗ってしまいます。猫背の姿勢で骨盤が後継していると、坐骨の後方に乗ってしまいます。

座り方のイメージ

美しい骨盤のために

上述のように足裏と坐骨に正しく体重を乗せた状態で座って初めて、骨盤を正しい位置に保つことができます。座る時の体重の乗せ方のクセで、骨盤や体全体が歪んできてしまうのです。骨盤が歪んでいる方、前後に傾いている方は、正しく体重のかけることが、難しく感じるかと思います。

歪んだ座り方のイメージ

正しく体重をかけられる体づくりのためのエクササイズは、別の機会にお伝えしますね。次回は「筋力の使い方」です。お楽しみに♪

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

5歳でバレエを始める。津田塾大学卒業後、三菱UFJ信託銀行入社。丸の内の大手証券会社勤務中に、仕事の緊張とストレスから椎…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる