変わっていく母の考え。その心理とは? 変わっていく母の考え。その心理とは?

変わっていく母の考え。その心理とは?

2015.11.08 女磨き/ライフスタイル
このエントリーをはてなブックマークに追加
母親というのは、娘がかわいくてしかたのないものです。その心理から、娘に対する接し方も自分の願望を押し付けがち。今回は、そんな母親の心理を自分の年代別に見て理解してみましょう。

20代中盤までは「仕事を頑張りなさい」

たいていの母親世代は、男女紅葉均等法前の世代。自分の思うようには仕事ができず、そのため、自分が実現できなかった夢を娘に託そうとします。ですから、きちんと仕事をがんばる娘に「ちゃんと好きな仕事で自立してほしい」と願うのです。しかし、これが20代後半になってくると変わってきます。

20代後半では、「結婚してほしい」

母親世代は、たいていが結婚をし、幸せな家庭を築いています。さらに、娘の友人たちも続々と結婚してくるため、「私の娘も早く結婚してほしい」となってくるわけです。

そう、これも母親の願望です。これまでは「仕事を頑張りなさい」だったのが、一転して「結婚しなさい」になる。娘の自分からしたら戸惑うかもしれませんが、これも母親の「幸せな家庭を築いてほしい」といった願望なのです。

30代中盤になると何も言わなくなる

30代中盤にもなると、仕事でもキャリアもある程度確立していきます。すると母親は「結婚よりこの子は仕事を選んだのね」と考えるようになります。まだ結婚のチャンスもたくさんあるのですが、娘の友人たちのほとんどが結婚しているため、母親の中には、結婚に対する諦めのようなものが生まれてくるのです。

親子のイメージ

母親は娘のことをついつい自分の理想通りにいきてほしいと思いがち。こういった母親の心理を知った上で、母親のことを理解した上で自分の主張をきちんと伝えると、親子関係もスムーズにいくというものです。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

美容ライター・ファッションライター・エディター。大手出版社にて10年以上女性誌を担当し、フリーランスに。美容系雑誌は毎月…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる