そのファンデ、もう合ってないかも!?30歳からのファンデの選び方 そのファンデ、もう合ってないかも!?30歳からのファンデの選び方

そのファンデ、もう合ってないかも!?30歳からのファンデの選び方

2015.10.08 エイジングケア/メイク
このエントリーをはてなブックマークに追加
年齢を重ねると肌が乾燥しやすくなったり、シワやたるみ、シミといったエイジングサインが気になり始めるなど肌の状態は刻一刻と変化していきます。にも関わらずファンデはそのままという人は要注意!そのファンデ、もうあなたに合っていないかもしれません。そこで、今回は30歳からのファンデの選び方をご紹介したいと思います。

[No.1】 保湿力のあるファンデを選ぶ

個人差はあるものの、30歳を過ぎると肌の乾燥や小じわが気になる傾向にあります。パウダリーファンデを使用していると、日中の乾燥が深刻化したり、ファンデがよれることによって小じわが悪目立ちしてしまうことも。

パウダリーファンデはお直し用に使うのはOKですが、メイクする際に使用するファンデは、保湿力の高いものを選ぶようにしましょう。

【No.2】 フィット感抜群のファンデを選ぶ

動きが出やすい目元や口元は、シワが目立つ傾向にあるのですが、フィット感抜群のファンデを使えば緩和できる可能性大。

ファンデを購入する際は必ずタッチアップ(販売員さんにメイクをしてもらうなどして仕上がりや使用感を確認すること。)し、表情筋を動かすなどしてフィット感を確認しましょう。

タッチアップのイメージ

【No.3】 ツヤ感のあるファンデを選ぶ

ツヤのある肌は若々しく美肌に見える傾向にあるため、ファンデはナチュラルなツヤ感のあるものを選ぶようにしましょう。

ツヤがテカリに見えてしまうという人は、ボディや髪が乾燥しツヤを失っている恐れがあります。全身のバランスを鏡でチェックし、トータルでツヤのバランスをとるようにしましょう

【No.4】 肌負担の軽いファンデを選ぶ

夕方になってくすむ理由の1つとして、ファンデが肌に負担をかけていることが考えられます。自分の肌とファンデとの相性を確認しましょう。そして、自分の肌に負担をかけにくいファンデを使うことをおすすめします。

【No.5】 ストレッチ効果の高いファンデを選ぶ

ほうれい線や頬のたるみが気になる人におすすめなのが、ストレッチ効果の高いファンデリフトアップ効果が期待できるしょう

ただし、密着度が高くなるため、丁寧なクレンジングを心掛けることが大切です。

ファンデーションのイメージ

年齢を重ねると似合うファッションが変わってくるように、あなたの肌に合うファンデも変わってきます。気に入ったからといっていつまでも同じファンデを使うのではなく、今の自分の肌に合っているかどうかを客観的に判断することが大切です

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

エイジング美容研究家として雑誌やラジオ、企業のインフォマーシャルなどに出演。ウェブ、雑誌等にコラムを執筆するほか、コスメ…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる