笑顔がたるむ!? 美しくなれないNGダイエット法とは 笑顔がたるむ!? 美しくなれないNGダイエット法とは

笑顔がたるむ!? 美しくなれないNGダイエット法とは

2015.10.08 痩身/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイエット法は、自分に合わせて“選ぶ”時代。ライフスタイルや体質に合った“続けられるもの”を選んだ方が、ずっと効果が出やすく、美しいボディラインをキープしやすくなります。でも、健康を害したり、老化を促進するダイエット法だけは選ばないでください。今回は、老化を促進してしまうNGダイエットをご紹介します。

■「体重が減ればOKな食べないダイエット」はNG!

スリム体型を目指そうとすると、ついつい体重の数値が気になってしまいますよね。ですが、体重はおでこに表示して歩くわけではありません。体重の数値が小さいことよりも、健康的で肌や髪のツヤがよく、スリムで引き締まった見た目の方がずっと美しいと思いませんか?

肌や髪・爪にまで栄養が行き渡り、メリハリのあるボディラインを実現するための筋肉を維持するためには、エネルギー源となる炭水化物・脂質や、筋肉や肌の材料であるたんぱく質、代謝を高めるビタミン・ミネラルの摂取が欠かせません。

体重のイメージ

とにかく摂取カロリーを減らして体重を減らそうとするダイエット法はNG。栄養素が摂取できなければ体内のはたらきが減退し、代謝が低下します。体重を減らすことはできても、逆に太りやすい体質を育ててしまいかねません。

筋肉は脂肪よりも重い

スタイルの良さを決めるポイントは、体重よりも「体脂肪率」。体重が減っても脂肪の量が減らなければ、メリハリのあるボディラインは実現できません。また、同じ質量なら脂肪よりも筋肉の方が1.2倍ほど重いことも知っておくべき。脂肪を減らして筋肉を増やすことでメリハリをつけていくと、見た目はスリムになったのに体重は変わらない(むしろ増えた)という場合もあるんですよ。

体重ばかりに惑わされず、「引き締まっているか」「脂肪を減らすことができているか」に注目してダイエットをすすめていくのがおすすめです。

理想の体脂肪率は……

理想のボディラインや体脂肪率は、個人の好みによるところが大きいため、一概には言えません。ですが、男性はげっそりと細すぎる体型よりも、健康的で丸みのある、女性らしい体型に惹かれる人が多いという調査結果が多いです。

一般的には、メリハリのある理想の体脂肪率は「20%±2」。17%を下回ると月経リズムが乱れたり、月経が止まってしまうこともあるので注意が必要です。美しさは健康の上に成り立つことを忘れてはいけませんね。

ダイエットのイメージ

「体重が減った♪」と喜んだその笑顔がたるんでしまっては美しくなったとは言えません。引き締めてメリハリをつくってくれる筋肉をしっかりと維持するダイエットこそ、実践してほしいダイエット法。

ぜひ「食べないダイエット」ではなく、「食べて、引き締める」ダイエット法を選んでください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

がっちり・むっちり体型がコンプレックスの“自信をもてない自分”から脱却するため「セルフトレーニングコーチ」として自身を輝…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる