カフェイン摂取量と不妊の関係性とは? カフェイン摂取量と不妊の関係性とは?

カフェイン摂取量と不妊の関係性とは?

2015.09.20 エイジングケア/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。ビューティーフード研究家の室谷真由美です。先月カフェインについてお話させていただきましたが、カフェインとママになるための準備への影響についても、ぜひ知っていただきたい研究結果がございますので、今回ご紹介いたします。

カフェインが与える妊娠への影響

カフェインの摂取量が多いと、不妊の確率が高くなり妊娠率が下がるといわれていますが、これまでは妊娠中であっても100mg程度のカフェイン摂取量であれば明らかな問題はないとされてきました。

しかし、最近の論文で発表された内容によりますと、妊娠初期のカフェイン摂取が流産の確立に影響を与えることが明確になったそうです。

(ドリップコーヒー1杯150mlに含まれるカフェイン量は100ml)
1日あたりのカフェイン摂取量が100mg未満の人を基準にした場合、100mg~199mgの人で1.62倍、200mg~299mgの人で1.48倍に流産率が高まるという結果になったそうです。

この研究結果は、5,000人を超える女性のデータから解析されたものであり、この結果を考慮すると、妊娠が分かった場合カフェインの摂取は避けた方が懸命なようです。

コーヒーのイメージ

急に好きなものをやめるのはストレスになったりしますが、妊娠を望まれる方は少なくともカフェインが体に及ぼす影響を考えて、普段の飲み物を意識して変えてみるとよいでしょう。

ノンカフェインの飲み物についてもコラムを書かせていただいておりますので、そちらもぜひ参考にされてみてください。

カフェインの依存にご注意!

カフェインは、緊張をリラックスさせたり、気分を高揚させるといういい点もありますが、カフェインでなくてもそういった陰性のエネルギーを摂取する方法はたくさんあります。カフェインは体を冷やしすぎる結果にもつながり、中毒性もあります。やめられないスパイラルに陥る前に、回避方法を知っておくとよいですね。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

執筆者

「モデル・ビューティーフード研究家」として、体の中からキレイになれる食を追求し、セミナーや各種講演・プロデュース商品など…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる