夏の間に日焼けした地肌と髪を回復させる4つの方法 夏の間に日焼けした地肌と髪を回復させる4つの方法

夏の間に日焼けした地肌と髪を回復させる4つの方法

2015.08.24 FGA・AGA(薄毛)/ケア法
このエントリーをはてなブックマークに追加
夏の太陽の下で長時間過ごした後、頭の地肌がヒリヒリするという経験はありませんか?髪の毛は肌の3倍も紫外線を浴びます。日焼けにより地肌が炎症を起こしています。髪の毛も傷んで色が茶色くなって毛先がパサパサしていませんか?今日は夏の間に傷んだ地肌と髪のケアについてご紹介します。それではさっそくいってみましょう。

髪の毛の傷んだ部分はカットする

髪の毛は、夏の紫外線で毛先が傷んでいますよね。傷んでいる部分は、髪の毛の表面のキューティクルがめくれてしまっています。そうなったらケアしても元に戻りません。傷んだ髪の毛はバッサリとカットしましょう。カットすることで、傷んだ部分がなくなり髪の毛のつやも戻ってきます。

シャンプーするときに地肌を強く洗わない

地肌をゴシゴシと強くシャンプーすると気持ちがいいし、汚れが落ちるような気がしますよね。地肌は日焼けした状態ですので、これでは、地肌を傷めているだけなのです。爪をたてないように、指の腹をやさしく動かして首から上に、頭の周りから中心に向かってシャンプーをしていきます。これにより地肌を傷つけることなく、頭皮マッサージ効果も得られるのです。

夏の間に日焼けした地肌と髪を回復させる4つの方法

【3】トリートメントは地肌につけない

シャンプーが終わるとトリートメントを手にとって、髪の毛全体につけていませんか?これでは、せっかく髪の毛を保護するトリートメント剤で毛穴を埋めてしまいます。日焼けにより発毛環境も悪くなっているとうえに、毛穴を埋められたことにより地肌の環境はさらに悪くなり、発毛をさらに妨げてしまっているのです。生えたばかりの地肌に近い部分は傷んでいませんし、地肌のためにもトリートメントは地肌から2センチくらい毛先にかけてつけるようにします。

【4】地肌を回復させるためのビタミンを摂取する

髪の毛をきれいに保つためにかかせないのがタンパク質です。でもビタミンがさらに重要になります。ビタミンB2が髪の毛の細胞の再生を助け、地肌や髪の毛を美しく保ってくれますビタミンB2レバー類納豆チーズなどです。ビオチンは水溶性のビタミンB郡に属します。脱毛や健康な髪の発育にかかせないビタミンです。鶏肉大豆製品レバー類に含まれています。両方タンパク質もとれますので意識して食べてください。

夏の間に日焼けした地肌と髪を回復させる4つの方法

髪の毛のためによい栄養がふくまれているです。毎日1個食事に取り入れてください。キレイな地肌はつや髪にはかかせません。ツヤツヤの髪で秋のファッションを楽しんでください。

FGA・AGA(薄毛)のキーワード

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

執筆者

「食べ痩せダイエット」の第一人者。「食べてきれいに痩せてリバウンドしない」をテーマに若い女性から経営者まで広く自己管理が…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる