ナチュラル眉メイクで「より印象的な顔」に ナチュラル眉メイクで「より印象的な顔」に

ナチュラル眉メイクで「より印象的な顔」に

2015.07.31 女磨き/メイク
このエントリーをはてなブックマークに追加
顔を印象づける決定的なポイントとなるのが眉です。流行のナチュラル太め眉を描きたくとも、自分の眉毛のクセを知らないと描くのも大変です。ここでは最近増えている太めのナチュラル眉について紹介します。

自眉をチェックする

自分の眉毛の生え方のクセ、眉毛一本一本が太いのか、細いのか。または長いか、短いか。左右の眉で生え方が違うからこそ、同じような眉毛を描こうとするとより難しくなります。また、顔の骨格(眉骨)を無視して眉毛を伸ばしていませんか。自分の眉毛がどんなふうに生えているのか、左右の違いを最初に確認してみましょう。

この時に、鏡の向きを変えて眉尻の方まで確認する。鏡を真下に置いて、眉毛の長さや向きを確認してみるといったように、鏡を正面から見るだけでなく向きをかえて眉全体を見ていきましょう

眉の芯を決めていく

まずは眉の太さを決めていきます。自分の眉の生え方のクセがわかったら、自分の眉骨に沿って、眉を描いていくと立体感が生まれます。眉骨に沿って眉の芯が出来上がれば、眉の上辺、下辺の幅に向けて芯から溶かしこむようにアイブロウパウダーで自眉となじませていきます。ここで自分の眉のベストな太さを決めていきましょう。

自分にあう眉の長さ

眉が長いほうが似合う人、短い方が似合う人。髪形、顔の立体感、雰囲気も含めて似合う眉の長さも変わってきます

どっちが似合うのか確認するには左右の眉で太さを変えないまま、長さを変えて確認してみましょう。顔半分を隠して鏡に向き合います。その時に、顔全体を見ていきます。短い眉と長い眉でどちらが自分にとってしっくりくるかで判断してみましょう

ナチュラル眉メイクで「より印象的な顔」に

最後に色を確認する

眉を描いた後に、顔全体を見て確認します。髪の毛の色、瞳の色にあわせるのではなく、眉毛の色だけが顔全体の中で浮いてないか確認してみましょう。

明るすぎる時は、アイブロウパウダーやペンシルの色味をグレーやカーキに変えてみる。暗すぎる、黒浮きしている場合はグレージュ、ベージュに色味を変えてみるなど、顔全体に自分の眉が自然となじんでいる仕上がりを目指していきましょう

【あわせてチェック!】
▶『「自分らしさ」が輝くナチュラルメイク効果 』

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

執筆者

2010年より一般の女性向けのメイク教室「美塾」正式講師。「何ものにも変えない自分のままに輝くメイク=ナチュラルメイク」…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる