痩せるために油をどんどん摂りましょう。おすすめのオイルNO.5!! 痩せるために油をどんどん摂りましょう。おすすめのオイルNO.5!!

痩せるために油をどんどん摂りましょう。おすすめのオイルNo.5!!

2015.07.23 エイジングケア/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。BHCL(Beauty Health Conscious Life)プランナー、フード/ヨガアドバイザー工藤万季です。痩せるためにオイル?それ太らないの?体に悪そう・・・など、オイルに対してマイナスなイメージを持っていませんか。そうではありません。綺麗になるために良質なオイルはマストです。今日はおすすめオイルを紹介します。

油が不足すると老化する?

油が不足すると肌の乾燥、くすみ、髪はパサパサに・・・。また、内臓が乾き便秘の原因にもなります。油に含まれる栄養素が細胞や脳、内臓、肌をつくり、ホルモンの材料にもるので、疲労感や怠さを感じやすくなり、日々輝くことができません。疲れやすかったりストレスが溜まりやすかったり、肌トラブルが絶えない方はオイルが不足している可能性があります。

良質なオイルを摂るのがポイント

オイルを摂ることは痩せることにも繋がります。5大栄養素の一つである「脂質」。5大栄養素というぐらいですから体には必須栄養素。なくてはならないものです。オイルはこの脂質に当てはまります。しかし、トランス脂肪酸や酸化したオイルのような悪いものでは体に毒となります。ポイントは良質なものを摂ることです。

おすすめオイルNo.5

No.1 ギー
No.2 オリーブオイル
No.3 ココナッツオイル
No.5 セサミオイル
No.4 サンフラワーオイル

No.1 ギー
ギーはアーユルヴェーダでも使われている、どのドーシャにも合うオイル。薬としても使われるくらい万能なアイテムです。無塩バターを煮詰めたもので、パンチャカルマ(最強デトックス)はこのオイルを飲むことから始まります。甘い香りがして美味しいです。

No.2 オリーブオイル
オリーブオイルはエクストラバージンオイルを選びましょう。あまり高温には適していないので、サラダなどに生で使うのがおすすめ。

No.3 ココナッツオイル
ココナッツオイルは生でも加熱でも使えて、お菓子やパン作りにもぴったり。体を冷やす効果があるので、暑い季節に使うのがおすすめです。プロテインにINするのもいいです。

No.4 セサミオイル
セサミオイルはローストしていない白のタイプがおすすめ。香ばしくて風味がとてもいいオイルです。これも生でも加熱でもOK!胡麻にはゴマリグナンという栄養成分が含まれています。これは「不老長寿の秘薬」と言われているほど、栄養豊富な成分。胡麻にしか含まれないない物質で老化防止にもなります。

No.5 サンフラワーオイル
サンフラワーオイルは火を入れると香ばしく、食欲をそそります。炒め物にぴったり。

「ギー」以外は市場で手に入りやすいものですが、どれを選ぶかが大切。一番シンプルに作られたオーガニックのものがベスト!オイルは調味料の中でもお金をかけたいアイテムたちです。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

執筆者

元アパレルPRおよびディレクター。アパレルブランドのPRおよびディレクターを務める。約8年間務めたのち、…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる