なりたいイメージはメイクの色でつくる!イメージで選ぶ口紅の色 なりたいイメージはメイクの色でつくる!イメージで選ぶ口紅の色

なりたいイメージはメイクの色でつくる!イメージで選ぶ口紅の色

2015.07.30 女磨き/メイク
このエントリーをはてなブックマークに追加
メイクの色って、「なんとなく」選んでいる方も多いと思いますが、メイクは「色選び」が肝心です。なぜなら、使う色によって、印象をコントロールできてしまうから。そこで、メイクの中でも影響力の大きい「口紅」にポイントを絞って、どんな色を使うとどんなイメージになれるのかをご紹介していきます。

口紅の色が変わると印象はこう変わる!

■ピンク
女性らしいイメージが演出できる色。ただ同じピンクでも、青みピンクとオレンジピンクでは受ける印象に少し違いがあります。

◆明るい青み系ピンク(ベビーピンク、チェリーピンクなど)
キュート、ガーリー、ソフトで透明感のある女性をイメージさせる色。幼さも感じる色なので、信頼感を出したい時には注意が必要です。

◆落ち着いた青み系ピンク(ローズピンク)
深みのあるローズピンクは、落ち着きのある大人の女性を演出したい時におすすめ。

◆オレンジピンク(コーラルピンク、サーモンピンク)
暖色の要素があるので、女性らしさの中にも、親しみやすさや明るさを演出したい時に使える色です。初対面の人に合う時や営業職の方にもおすすめの色。「コーラルピンク」で可愛い印象に、「サーモンピンク」で落ち着いた印象になります。

なりたいイメージはメイクの色でつくる!イメージで選ぶ口紅の色

■ヴィヴィッドピンクとレッド
フューシャピンクの様な鮮やかなピンクや、レッドは、華やかで存在感のある女性に見せたい時にぴったりな色。レッドには、そこにセクシーな印象も加わります。パーティシーンにもぴったりです。

なりたいイメージはメイクの色でつくる!イメージで選ぶ口紅の色

■オレンジ
エネルギッシュな赤と、親しみやすい黄色のイメージを併せ持つのがオレンジ。明るく社交的なイメージになります。カジュアルな印象もあるので、レジャーやリゾートシーンに合います。

なりたいイメージはメイクの色でつくる!イメージで選ぶ口紅の色

■ベージュ・ブラウン
唇の「赤み」を押さえて、スタイリッシュな印象をつくる色。ヌーディベージュは、顔色が悪く見える事があるので、注意が必要です。ビジネスシーンでも使いやすいのは、血色を残した「ピンクベージュ」。

なりたいイメージはメイクの色でつくる!イメージで選ぶ口紅の色

色のイメージを利用してなりたいお顔に

なりたいイメージになれる色はみつかりましたか?色の効果を利用すると、メイクテクニックに頼らずとも、一瞬でなりたいお顔に近づけます。「なんとなく」で選ぶのはもったいないですね。意識して選んで、色を味方につけてくださいね。

なりたいイメージはメイクの色でつくる!イメージで選ぶ口紅の色
この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

執筆者

パーソナルカラー診断、骨格診断、色彩心理から、ファッションのお悩みを解決するカラーコンサルタント。主な資格は、AFT1級…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる