その色、もう似合ってないかも?30代からのメイクアイテムの選び方 その色、もう似合ってないかも?30代からのメイクアイテムの選び方

その色、もう似合ってないかも?30代からのメイクアイテムの選び方

2015.07.08 エイジングケア/メイク
このエントリーをはてなブックマークに追加
人は毎年平等に年齢を重ねていくのに、メイクだけは何年も変わっていないという人が意外に多いように思います。しかし、この行為、逆にあなたを老けさせているかもしれません!自分の肌に表れたエイジングサインを受け止め、今の自分に似合う色、メイク法を見極めることが大切です。そこで、今回は30代からのメイクアイテムの選び方をご紹介します。

30代からのメイクアイテムの選び方【1】自分の肌になじむ落ち着いたトーンのピンクを選ぼう

30代以降のメイクで意外に難易度が高いのがピンク。ピンクといっても、青みがかったピンクから黄味がかったピンクまで幅広い色が存在します。20代の頃は、青みがかったピンクや淡いピンクもうまく使いこなせたものの、30代以降の肌にそれらの色を使用すると肌から浮いてしまい、逆にあなたを老けて見せてしまう要因となることも。

そこで、30代以降は、肌なじみのいい少し黄味がかったトーンのピンクなど自分の肌との相性がいいものを実際に試して使用することをおすすめします。

30代からのメイクアイテムの選び方【2】肌をくすませる恐れがある中途半端色は使わない!

年齢を重ねるとメリハリのついたメイクをすることで顔の印象を引き締め、小顔効果やリフトアップ効果を期待することができます。そのため、中途半端色には要注意!顔全体がぼやけた印象に仕上がる恐れがあります。必ずシメ色やぼかし色を使用し、中途半端色を脇役にすることが大切です。

その色、もう似合ってないかも?30代からのメイクアイテムの選び方

30代からのメイクアイテムの選び方【3】肌の色とかけ離れたカラー

これは年代を問わないポイントですが、30代以降の人は特に肌の色とかけ離れたカラーは使用しないようにすることが大切。悪目立ちし、逆にくすみと一体化してしまうことによって、あなたを老けて見せてしまう恐れがあります。メイクはトータルバランスが大切と心得ましょう。

30代からのメイクアイテムの選び方【4】ラメやパールに要注意!

塗っただけでパッと人目を惹く、ラメやパール。エイジングサインが気になる肌に使用するには注意が必要です。というのも、ラメやパールが逆にあなたのエイジングサインを目立たせる恐れがあるから。シワが気になる肌にはラメの使用を避け、華やかに仕上げたい時には粒子の細かいパール入りのアイテムを使用しましょう。

いかがでしたでしょうか。自分の肌をよく観察して肌の印象、全体の様子を見極めることをおすすめします。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

執筆者

エイジング美容研究家として雑誌やラジオ、企業のインフォマーシャルなどに出演。ウェブ、雑誌等にコラムを執筆するほか、コスメ…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる