ナチュラルメイクの女性のイメージ ナチュラルメイクの女性のイメージ

ファンデーションは部分塗りが◎!紫外線の強さが気にならなくなるナチュラルメイク

2015.06.26 女磨き/メイク
このエントリーをはてなブックマークに追加
今の時期は紫外線の強さもピーク。気づくと、いつの間にかファンデーションを重ね過ぎ、厚塗りになってきていませんか?日焼けしにくいナチュラルメイクで、この季節を快適に過ごしてみましょう。

メイク前の肌を整える

メイクする前の素肌状態をまず確認します。日焼け止めは、肌を乾燥させてしまう成分も含まれています。乾燥肌の人がそのまま使用すると余計乾燥が進んでしまう可能性もあります。まずは素肌の保湿状態を万全にしておきましょう。スキンケアした後の肌状態が良かったら、メイクの仕上がりも期待できます。

ベースメイクはナチュラル仕上げに

この季節にファンデーションを顔全体に塗ると、重たい印象になりがちです。また時間が経つにつれて化粧崩れも顔全体が崩れてしまって、メイク直しがポイントメイクだけでなく、ベースメイクからやり直す人も出てきます。

湿度も多くメイクが崩れやすい時期です。メイクをナチュラルに仕上げるには、まずファンデーションは部分塗りにします。顔全体ではなく、必要なところにのみ塗ってみましょう。髪の毛との生え際、こめかみなどフェイスラインに沿った部分にファンデーションを厚く塗る必要はありません。ファンデーションを塗って、肌が明るくなる部分にのせていきます。顔全体を見た時に、ファンデーションの境目を肌に残さないように伸ばしていきましょう。

紫外線防止効果の高いファンデーションだけに頼らない

この季節は紫外線防止効果のあるファンデーションが多く出回っています。ただし、薄塗り、部分塗りのナチュラルメイク仕上げにすると、ファンデーションだけでは、万全な日焼け止め対策の効果は期待できません。

日焼け止め、紫外線対策はベースメイクではなくスキンケアとして扱いましょう。そして、ベースメイク前に日焼け止めを顔全体に塗る、お化粧直しの時は日焼け止め効果のあるフェイスパウダーを軽くはたく。紫外線や日焼けが気になるなら、紫外線防止効果の高いファンデーションだけに頼らない使い方をしていきましょう。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

執筆者

2010年より一般の女性向けのメイク教室「美塾」正式講師。「何ものにも変えない自分のままに輝くメイク=ナチュラルメイク」…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる