秋が深まってきたら食べたい!薬膳のプロがおすすめする食材4選 秋が深まってきたら食べたい!薬膳のプロがおすすめする食材4選
画像出典: fotolia

薬膳のプロがおすすめ!秋冬に食べたい『滋養強壮食材』4選

2018年10月19日
こんにちは!薬膳ライフバランスプランナーの倉口ゆうみです。秋もどんどん深まってきた今日この頃。これからどんどん寒さが増していきますね。今回は、秋も深まり冬を迎えるこの時期におすすめしたい食材を4つご紹介します!

おすすめ食材1・長ネギ

どんどん寒くなってくるこの季節。秋の前半はあまり体を温めるものばかり頂くと乾燥しやすいのですが、秋の後半は体を温める食材を積極的に取り入れていきたいところ。長ネギは体を温め、体内の巡りを活発にさせてくれるパワーがあります。また、発汗作用があるので寒さが原因の初期の風邪におすすめな食材

これからの季節、お鍋などで登場回数が多くなる長ネギ。冬が近づくにつれて積極的に取り入れていきたい食材です。ただ、汗をかきやすい人や暑がりさんは食べ過ぎると逆効果になる場合もあるので、寒がりさんや元気がでない人など虚弱体質の方に向いている食材です。

長ネギ
画像出典: fotolia

おすすめ食材2・山芋

山芋は生薬になると「山薬(さんやく)」と言われ、虚弱体質の方の漢方薬に使われたりするくらいパワーがある食材。そして体に潤いも与えてくれる食材なので、乾燥しやすい秋冬にぴったり食材。胃腸系システムの調子も整えてくれますし、忙しい女性の味方の食材です!

山芋は温めもしない冷やしもしない平性の食材なので、温め食材をプラスするとさらに冬向けの組み合わせになります(例えば生姜、長ネギ、玉ねぎなど)。

おすすめ食材3・鶏肉

鶏肉は体を温め、気を補ってくれる食材。また胃を温めながら働きを活発にしてくれるので、胃が弱い人にもおすすめの食材。秋冬は寒さで免疫が落ちて邪気を追い払えず体調を崩してしまう人も多いので、鶏肉の体を温めながら気を補ってくれるパワーで風邪をひかず元気に過ごしたいものですね。

鶏肉はお料理のバリエーションも豊富でお値段も安価で取り入れやすいので、ぜひ毎日の食事に取り入れてみて下さい。

おすすめ食材4・海老

気を補うパワーと、アンチエイジングの臓腑と呼ばれる腎を労わる海老。腎が弱ると白髪や耳鳴り、腰痛など老化現象が起きやすいので、女性は大切にしたい臓腑です。

海老の入った鍋
画像出典: fotolia

また体を温め冷えを改善してくれるパワーもあるので、手足が冷たい、肩こり、むくみやすいという働く女性の悩みにパワーを発揮してくれる食材です。

参考文献: いつもの食材 効能&レシピ帖 つちや書店

執筆者:
倉口 ゆうみ

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい