美容鍼灸・整体師が伝授!生理前に太らない朝の運動3選 美容鍼灸・整体師が伝授!生理前に太らない朝の運動3選
画像出典: fotolia

もう生理前に太りたくない!誰でもできる朝の運動3選

2018年09月29日
みなさん、こんにちは!美容鍼灸・整体師の横内稚乃です。コスモスが美しい季節になりました。秋の旅行シーズンも理想体型を維持したいですよね。しかしながら、生理前は甘いものが欲しくなり、体重が3kgぐらい増えたり、二の腕やふくらはぎのむくみに悩んだりすることはありませんか?というわけで、今回は「生理前に太らない朝の運動3選」について伝授します。

◆生理前に太りやすい理由とは?

30代、40代の女性は特に、責任のある立場の仕事が多くストレスを抱えやすいことが考えられます。上司や後輩、お客様に気を遣う日々。納期に追われていたりプレッシャーがあったりすると、女性ホルモンのバランスが崩れやすくなるのです。

女性ホルモンが乱れることで生理不順や疲労感が引き起こされやすく、カラダに水分を保持する機能が高まる傾向があり、糖分や塩分が欲しくなりやすいのです。

また、生理前は内臓の働きが弱まりやすく、便秘をしたり、体重が増えたりなどしてしまう恐れが。さらに生理前は、女性ホルモンの一つのプロゲステロンが増えることで血行が悪くなったり、むくみやすくなったりする傾向があり太りやすくなるのです。

仕事,ストレス
画像出典: fotolia

◆生理前に痩せやすい食習慣

健康的に痩せボディを手に入れましょうね♪

1.朝食にバナナやリンゴなどカリウムが豊富なフルーツを食べましょう。
カリウムを摂取することで、体内の余分な塩分の元となるナトリウムや水分を体外へ排出する役割が期待できますよ。適正な水分量にコントロールすることで、痩せやすくなります。

2.昼食にブロッコリーやゴーヤなどのビタミンCが豊富な野菜を食べましょう。
ビタミンCは生理前のイライラや肌荒れを予防に導き、ストレスに強くなりやすいですよ。ストレスに抵抗する脳内物質を合成する時に、ビタミンCが必要不可欠だと考えられるからです。感情が落ち着いていると、甘いものが欲しくなりにくい傾向がありますよ。

3.夜に牛肉やマグロの刺身などの赤みの肉や魚を食べましょう。
生理中は大量の血液が体外へ排出されるため、血液の主成分である鉄分が不足しやすくなるのです。生理前に鉄分の多い赤み肉や魚類をたくさん摂ることで、血液循環が改善しやすく痩せやすくなります。

ブロッコリー
画像出典: fotolia

◆美容鍼灸・整体師が伝授!生理前に太らない朝の運動3選

毎日1つでも実践することで、太りにくいカラダに近づきましょう。

1.朝の光を浴びながら、5分散歩しましょう。
太陽の光を浴びることで、幸福ホルモン・セロトニンの分泌を促進へと導き、女性ホルモンのプロゲステロンによる気分の落ち込みを緩和しやすくなりますよ。

2.イライラしているときは、部屋の隅を念入りに掃除機をかけましょう。
掃除機をかけることで全身運動になりやすいです。また部屋の掃除をすることで、朝から気持ちがスッキリするのでオススメです。

3.つま先立ちで出かける準備をしましょう。
メイクや着替えなどをつま先立ち、つま先歩きしてくださいね。つま先で歩くことで、体重の4倍の負荷がふくらはぎにかかり、血流が促進しやすく骨盤も引き締まりやすくなりますよ。

爪先立ち
画像出典: fotolia

生理前もスリムボディを保ちましょうね♪

執筆者:
横内 稚乃

LINE@で美LAB.を

友だち追加数