生理期のダイエットは、ここに注意! 生理期のダイエットは、ここに注意!
画像出典: fotolia

リバウンドしない!生理期ダイエットは、ここに注意

2018年06月30日
生理中はなかなか運動ができなかったり、不調でついつい食べ過ぎてしまったり、むくみや便秘に悩まされて「私はやせられない!」と落ち込んだり…。生理中はメンタルケアもボディケアも一筋縄ではいきませんよね。そこで今回は、知っておくと楽になる、生理中のダイエット心得をご紹介します。

生理中は「ウエストサイズ」と「体重」を気にしないこと!

生理前後では体重が2〜3kg違うのは自然なこと。生理前2週間程度からホルモンバランスが変化し、体内は水分や栄養素を溜め込むモードに切り替わります。また、便秘をしやすくなり、むくみや体重増加、ぽっこりお腹に悩まされやすくなります。

「いつもと同じくらい、またはいつもよりも食事量が少ないくらいなのに、どうして体重が増えてしまうの?」とパニックになり、食事を大幅にカットしたり、過度な運動を取り入れようとするのは逆効果!

健康を損ない代謝を悪くしてしまいますので、生理中(できれば2〜1週間前から)はバランスの良い食生活と負担のかからない運動量を心がけましょう。

ウエストサイズ
画像出典: fotolia

ストレスで食に走ってしまうことも

体重やウエストサイズの増加にがっかりし、自分のことを責めてしまうと、落ち込んだ気分からスイーツに走ったり、どか食いをしたりしやすくなります。

生理中はそれだけでも不快な気分になりやすく、心が乱れやすい時期。この時期にダイエットの不安を募らせると、上手くいくものもいかなくなってしまいます。

しっかり絞るのは、生理後に

生理が終わると自然とポッコリお腹や、増えた体重が元に戻るという人も少なくありません。まずは体調が悪くならないように、必要なときは安静にすることも大切に。そのうえで心がスッキリしているときや、生理が終わったタイミングで爽やかに運動を取り入れましょう。

生理前や生理中は「そういうもの」と思っておくことも大切。自分を嫌いになるのではなく、上手に付き合っていけるように工夫をしていきましょう。

執筆者:
Nao Kiyota

LINE@で美LAB.を

友だち追加数