薬膳Lifeを取り入れて身体にいいことしたい!そう思ったら取り入れたい〇〇って?! 薬膳Lifeを取り入れて身体にいいことしたい!そう思ったら取り入れたい〇〇って?!
画像出典: fotolia

薬膳Lifeで健康に!疲れた体を癒す〇〇〇とは?

2018年07月02日
薬膳ライフバランスプランナーの倉口です。「薬膳興味あるなぁ。身体によさそうだから取り入れてみたい。」雑誌やメディアで見てこう思ったあなた!そう思ったらまずはここから取り入れてみて。筆者自身も毎日の食事で大切にしていますよ!

薬膳の基本はお粥

薬膳Lifeを始めたい!とおもったらお粥・スープ・お茶。まずはこの3つが薬膳の入り口です。薬膳では生や冷たい物を頂くよりも過熱調理したものが基本と考えます。

今回はこのお粥についてお話しますね。「お粥とか病院食っぽい」という方もいらっしゃいますが、生から炊いたお粥は絶品ですし、またトッピングなどでいろんな味を楽しめるのも魅力的。

おかゆ
画像出典: fotolia

胃腸の調子を労わるココロ・カラダに嬉しいもの

お米は「補気」食材でエネルギーチャージをしてくれるもの。また健脾(けんぴ)と言って胃腸系の調子を整えてくれます。

現代の人は脾が弱っている人が多いらしいんです。と、いうのも脾が苦手なのがストレス、冷たい物、揚げ物、刺激物などといわれています。また湿気が苦手。日本は湿気が多い土地なので脾が弱りやすいんです。ですので普段から脾を労わってあげることが大切。

また気は生命エネルギー。少なくなると元気が出なくなりますし、だるくなったりして毎日の活力がなくなってしまうもの。

ですので気も補い、脾を労わってくれるお米は日々の食事に取り入れて欲しいのですが、その調理法も大切です。普通のごはんでもいいのですが、お粥にして消化をしやすくしてあげることでさらに脾がご機嫌に働いてくれるはずですよ。

お粥にいろんなトッピングをして楽しんで!

シンプルなお粥は実はアレンジが効きます。そして体の調子にあわせてトッピングも色々楽しむことができます。

例えば・・・

□エネルギーチャージをしたい時:鮭(鮭フレーク)/鶏ひき肉/長いも/梅
□美肌になりたい時:黒豆/卵/豚肉/
□胃腸の調子を整えたい時:はとむぎ/とうもろこし/ねぎ

その時の調子に合わせてこのようにトッピングを変えて、自分を労わることができるのもお粥の魅力。作るのが面倒くさいって方も、炊飯器におかゆモードがありますしレトルトもあります。

おいしいお粥屋さんもありますので、ぜひお粥を生活に取り入れて自分の心と体をごきげんにしていきましょう。

おかゆ
画像出典: 美LAB. 
執筆者:
倉口 ゆうみ

LINE@で美LAB.を

友だち追加数