それはただの飢餓状態!?危険な食事制限のダイエット それはただの飢餓状態!?危険な食事制限のダイエット
画像出典: fotolia

それって正しいダイエット!?知識のない食事制限は危険!

2018年06月19日
最近少し太ったかも…ダイエットを考えた時、まずは何から取り組みますか?多くの人が、食べる量や摂取カロリーを減らすことを最初に考えるようです。確かにどちらもダイエットには必要なことですが、無茶な食事制限や、極端な栄養制限をすると、かえって脂肪を蓄積させる原因になってしまうのを知っていましたか?

急激な食事制限してませんか?

いざダイエットをはじめると、急な食事制限をしてしまいがち。ただ食事の量を減らしても、ダイエットが成功するとは限りません。食事の量を減らせば、最初の数日間は順調に体重も減り、むくみなども解消されるので、ある程度のサイズダウンも見込めます。

しかし、食事の量を極端に減らしてしまうと、脳は体が飢餓状態に陥ったと判断する可能性があるので、少量の食事でもできるだけ脂肪をため込もうとします。その状態で元の食事量に戻してしまうと、これまで以上に身体が脂肪を溜め込んでしまうため、激しいリバウンドを引き起こしてしまうこともあるのです。

さらに、激しい食事制限をすると最低限の生活をするのに必要な栄養も不足気味となってしまいます。そうすると、筋肉量が落ちたり肌も乾燥しがちになってしまい、一時的に体重は落ちたとしても不健康な見た目になってしまう可能性もあります。


ダイエット
画像出典: fotolia

そもそもダイエットとは・・・

日本ではダイエット=痩せる!と認識されがちですが、本来は肥満対策だけでなく健康な体になるためのものなのです♪

知っていましたか?

食べ方や食べ物の選び方の工夫

朝ご飯からラーメンやカレー♪と、さすがにこんな食事をしている方は少ないとは思いますが、空腹時は体がカロリーを吸収しがち。朝食には、まずは温かいスープやお味噌汁をいただきましょう。

そして、朝食に限らず、食事のはじめは野菜から食べるということを心掛けましょう。そうすることにより、急激に血糖値を上げることを避けられるので、一気に体がカロリーを吸収しません。できれば体を冷やさないように野菜は、ボイルしてあるものをチョイスすると◎。

パンとお米で迷ったときは腹持ちの良いといわれる、お米を選ぶと良いでしょう。また、1日の食事の中で、肉か魚どちらかを100g食べることをおすすめします。100gの目安は女性の手のひら1つ分のサイズです。

何も食べないで痩せるのではなく、しっかりと栄養のある食事をして健康に痩せることが大切です。

ダイエット
画像出典: fotolia

健康で美しく痩せるためにも、ダイエット中でも食べる量は無理に減らしたりせず、栄養バランスを考えた食事をしっかり食べましょう。

せっかく目標体重に達しても、栄養不足でお肌の調子が悪い…なんて悲しいですよね。
もちろん余裕のある方は運動やウォーキングもしてくださいね♪

女性はいつまでも「美」を追求するもの。ダイエットも無理をせず、美しく健康な体を手に入れましょう♪

執筆者:
池田 菜々海

LINE@で美LAB.を

友だち追加数