熱帯夜を乗り切るために。安眠に導くアイテム3つ 熱帯夜を乗り切るために。安眠に導くアイテム3つ
画像出典: 美LAB. 

暑い夏の夜も…安眠に導くための3つのアイテム

2018年08月14日
熱帯夜を乗り切るためには、心地よくリラックスできる状態を作るのがベストですね。自身の好きな香りや、心地よいと感じるアイテムを使って、安眠に導きましょう。そして夏を乗り切るための英気を養ってくださいね。

SPA CEYLON(スパ セイロン)/スリープ カーミング バーム

ラベンダー、イランイラン、オレンジをブレンドしたオリエンタルでフローラルな香りが、バームになっているアイテム。気持ちをゆったりと落ち着かせるアロマのブレンドなので、寝付きにくい時におすすめです。

ベッドに入る前にバームを少し指に取り、手首や耳の後ろ、首の後ろなどにつけてみましょう。また手のひらにバームを広げ、手の平を重ね、その手を鼻の近くに持ってきて、ゆっくりと20分ほど深呼吸を繰り返すことでリラックスしやすくなります。

寝つきが悪いと感じる方は、ぜひトライしてみて。

アイテム
画像出典: 美LAB.

Janark(ジャナーク)/スキンラスタークリーム

バイオレットバタフライ、ヒューシャグレビレア、ダンピエラ、イエローコーンフラワー、イエローフラッグ、ホップスブッシュといったフラワーエッセンスがブレンドされた、ジャナークのスキンラスタークリーム。

ストレスなどで緊張して強張ってしまった精神やボディを、ジュニパーベリー、ラベンダー、ユーカリの香りとともに、ゆっくりと解きほぐしてくれるアイテムです。

いつも肩に力が入ってしまっているような方におすすめ。お風呂上がり首や肩など、コリが気になる部分に使用するのもGood。やさしい香りに包まれながら、フッと眠りに入りやすくなるのでお試しあれ。

アイテム
画像出典: 美LAB.

ハーモニティ/フェイスピロー

こちらのフェイスピローは、ヒマラヤのピンク岩塩とクリスタルをふんだんに使用した顔の上に乗せるフェイスピローです。

ヒマラヤ岩塩とクリスタル、どちらも古くから不要なものを取り除いてくれるといわれていたり、浄化をしてくれるといわれており、さまざまな場面で使用され続けてきました。

頭で考えすぎて眠れない時や、とても疲労感のあるときは頭をクールダウンさせることが大切。そのため冷蔵庫でこちらのピローを冷やした上で、使用してみましょう。冷んやりとして、スーッと肩の力が抜けるような感覚になれるかもしれません。

入眠できても途中で起きてしまうという方は、パッションフラワーというハーブティーをお風呂から出た後に飲んでみてください。少しでも良質な睡眠をとって、暑い夏を乗り切りましょう。

アイテム
画像出典: 美LAB.
執筆者:
星 有子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数