あの楊貴妃も食べていた!なつめってどんなパワーがあるの!?薬膳のプロが教えるなつめの魅力。 あの楊貴妃も食べていた!なつめってどんなパワーがあるの!?薬膳のプロが教えるなつめの魅力。
画像出典: fotolia

あの楊貴妃も食べていた!?薬膳のプロが教える「なつめ」の魅力

2018年05月06日
最近薬膳は女性誌や美容雑誌などでも取り上げられてきて、「薬膳」「漢方」というワードを耳にすることがあるという方も多いのでは?そこでは「なつめ」が美容や体にいいと紹介されていることをよく見かけます。今回は薬膳のプロの筆者が、なつめの魅力をお伝えしますね♪

なつめの持つパワー3つ

中国では「1日3個のなつめを食べれば老いない」ということわざがあるほど美容に欠かせない存在。あの楊貴妃も1日3個食べているから、あの美貌を保つ頃ができたのでは?と言われているほどです。

そんな、なつめの持つパワーはこちら。

●血を作りお肌に潤いを与えてる
⇒なつめは血を作るパワーに優れています。お肌の潤いは血があってこそ。血がなくなると乾燥したり、血色が悪く見えて老けて見えたり、ツヤ感が出なくなんだかお疲れな印象を与えてしまいかねません。そこでなつめがとてもいい働きをしてくれますよ。

なつめ
画像出典: fotolia

●胃腸系システムの脾を労わってくれる
⇒脾は食べたものを栄養に変えて、全身に気血を届ける働きをしています。ですので、脾が弱っているとせっかく食べたものも栄養に変えられず全身に届きません。例えば、肌のために・・・!と意気込んでなつめを食べても、脾が弱っていると栄養に変わらないまま便として排出されてしまうのです。その脾を労わってくれるのが、このなつめです!

●不安感など精神的なアップダウンを和らげてくれる
⇒血のお仕事の1つに、全身に栄養を届けるという役割がありますが、この血が減ることで体にも影響が出る恐れがあります。さらに心も栄養不足になり精神的に不安になったり、眠れなくなったりする可能性があります。なつめは血を作ってくれる効果が期待できるので、精神的な安定にもパワーを発揮してくれるでしょう。

このように、女性には嬉しいパワーがたくさん詰まっています。ほんのり甘くて、そのままでももちろん美味しいですし、お粥やスープ、お菓子に入れたりとアレンジ方法は様々です。

なつめ
画像出典: fotolia

なつめを選ぶ時のポイントは?

なつめを選ぶ時は、大きく光沢感があり、肉感がありふわふわしたものを選んでください。物によって品質が全然違いますので、漢方食材を扱っているところが安心して買えると思います。

なつめは中国ではポピュラーなものですが、日本ではまだ馴染みが薄いためスーパーなどでは手に入りにくいです。しかし最近ではコンビニでなつめチップが売られているところもあり、少しづつ手に入りやすくなってきました。

女性の味方のなつめ。お菓子の時にチョコやスナック菓子ではなく、ぜひなつめを取り入れて欲しいところ!見かけた時はぜひなつめを食べてみてくださいね。

執筆者:
倉口 ゆうみ

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい