デブ菌を抱え込んでない? やせ体質に導く食べ方のコツ デブ菌を抱え込んでない? やせ体質に導く食べ方のコツ
画像出典: fotolia

デブ菌を抱え込んでない?やせ体質に導く食べ方のコツ

2018年05月08日
腸内環境の良さは、やせやすさの基本。消化・吸収のはたらきを活性化して効率よくエネルギーとして消費することができるからです。腸内細菌のバランスは、日々の食生活の上に成り立ちます。つまり、デブ菌ばかりの環境は、日々の食生活がつくりあげているということ。やせ体質を目指すなら、やせ菌を増やす食生活を心がけましょう。

デブ菌はこうして増える

デブ菌は、不要なものを過剰に摂取し続けることで活性化します。そのため、脂質の多い食事を毎食続けると、デブ菌も増えていってしまう恐れがあります。

腸内の善玉菌を増やすには、善玉菌のエサとなる食品や善玉菌を取り入れることが大切。実は体内にデブ菌を増やす原因は自身の食生活にある、というケースが多いのです。

腸内環境を整える食品は…

ヤセ菌を増やすには、腸内環境を整える食材を取り入れることが大切です。食物繊維がたっぷりの野菜や、発酵食品。葉野菜や緑黄色野菜、納豆、ヨーグルトなどを積極的に摂取しましょう。

野菜で腸内環境を整える
画像出典: fotolia

また、脂っこい食事を続けないことも意識しましょう。唐揚げや天ぷらなどの油ものを食べたら、次の食事はさっぱりと質素なものにするといいですね。脂質の多い食事は、1日1回〜2日に1回程度にとどめましょう。

腸内環境は、日々変化しています。一回の食事で大幅に崩れることはありませんが、同じように瞬時に好転するとは限りません。今私たちの体が動いているのは、以前に取り入れた栄養素のおかげ。何を取り入れるかによって、体内の動きも体脂肪のためやすさも変わります。

デブ菌を増殖させる食生活をしているなと思ったら、次の食事で調節を。油ものも楽しみながらでOKです。ぜひ、食事の工夫で代謝を高め、やせやすい体質に整えてくださいね。

執筆者:
Nao Kiyota

LINE@で美LAB.を

友だち追加数