花粉や大気汚染による肌荒れ対策!エステティシャンが教えるスキンケア予防法 花粉や大気汚染による肌荒れ対策!エステティシャンが教えるスキンケア予防法
画像出典: fotolia

花粉でお肌がかゆい、荒れる!エステティシャンが教えるスキンケア予防法

2018年03月19日
いよいよ本格的に花粉や黄砂、PM2.5などの大気汚染物質によって、お肌がかゆい、ガサガサする、お肌が荒れやすくなるなどに悩まされる方も多いのではないでしょうか?症状が出ていなくても、お肌は常に外気にさらされているので、これからの季節だからこそ気をつけたいスキンケア予防法をご紹介します。

■帰宅後のクレンジング、洗顔は丁寧に

肌荒れを引き起こす原因となる花粉や大気汚染物質は空気中にたくさん舞っています。全てを避けて通ることは難しいですが、帰宅したらクレンジング、洗顔によって汚れを落とすことはとても重要なポイントです。

(1)エステティシャンがオススメするのはジェルクレンジング
ジェルタイプのクレンジングは洗い上がりの乾燥感も少なくピタッとお肌に密着し汚れを落とします。少し多めにとりメイク汚れ、花粉や大気汚染物質を洗い流しましょう。

(2)洗顔はしっかり泡立てて
洗顔料は必ず泡立てましょう。泡によって汚れを吸着するので、クレンジングで落ちきれていない汚れを落としたり、寝ている間に分泌された皮脂汚れやホコリやダニなどを洗い流しましょう。

洗顔
画像出典: fotolia

■スキンケア3ステップはたっぷり丁寧にが基本

(1)化粧水はたっぷりとお肌に馴染ませる
化粧水を手のひらに取りお肌に馴染ませ、さらにコットンにたっぷりと含ませてお肌に浸透させることがポイントです。汚れを洗い流した後はお肌の水分が奪われ乾燥しやすい状態になりやすいので、化粧水をたっぷりと浸透させることがお肌のコンディションを整える秘訣です。

(2)美容液、シートマスク、美容オイルなどのアイテムで栄養補給

美容成分を活用してお肌に足りない栄養素を補給しましょう。乾燥が気になる時はヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどの保湿成分が高いもの、くすみや美白が気になる時はビタミンCやアルブチンなどの美白成分が含まれているものなど、その時気になるものに必要な美容成分が含まれているアイテムを使い分けましょう。

(3)乳液やクリームでしっかりと油分をプラス
乳液やクリームは100円玉ほどの量を丁寧に重ねるようにしましょう。化粧水や美容成分などの水分を補った後は必ず、乳液やクリームなどの油分をプラスすることが必須です。

■ベースメイクで素肌を守る

外出の際はベースメイクによって花粉や大気汚染から素肌を守りましょう。お肌が乾燥していたり、肌荒れが起きている状態は、細かな花粉や大気汚染物質が角質に触れることで肌トラブルを悪化させたり、紫外線の侵入によってシワやシミの原因にもなりかねませんので、丁寧にスキンケアをおこなうことで乾燥を防ぎながら、ベースメイクによってお肌を守ることも大切なポイントです。

ベースメイクで素肌を守る
画像出典: fotolia

花粉や大気汚染物質によって引き起こす乾燥や肌荒れなどのトラブルを引き起こさないためには朝と夜のスキンケア、外出時のベースメイクによって守ることや花粉対策マスクやアイテムなどで予防し、お肌のコンディションを整えておきましょう。この季節が変わりやすい時期こそお肌はダメージを受けやすいので、念入りなお手入れで守ることが大切ですので取り入れてみてはいかがですか?

執筆者:
寒川あゆみ

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい