地味にツライ…進展しない片思いに疲れたときに考えたいこと 地味にツライ…進展しない片思いに疲れたときに考えたいこと
画像出典: fotolia

片思いがツライ…。進展しない恋に疲れたら考えたいこと

2018年03月22日
好きな人と結ばれるための努力だって限界がある。自分から一生懸命アプローチしたって、なかなか振り向いてくれないこともありますよね。かといって簡単に諦められることも出来ないのが恋の辛いところです。今回は、そんな堂々巡りの恋に疲れたときに考えたい、前向きな思考転換法についてご紹介します。

一緒にいる時間に感謝する

自分にとって一番好きな人ができたら、自分も相手にとっての一番の人になりたいと思うのは当然のことですよね。そうなるために、たくさんの努力を繰り返してきたことでしょう。だからこそ、つい忘れてしまいがちですが好きな人と一緒にいられる時間をもっと大切にしてみてはいかがでしょうか。

好きな人が手も届かない遠い存在だとしたら、二人で会って、会話をすることだってままならないはず。でも、近くで一緒にいて話ができる、笑い合える。そのことにもっと感謝をして、一緒にいる時間を楽しむことも大切です。

もっと究極的なことを言えば、好きだと思える相手に出逢えたこと自体、とても素晴らしいこと。その気持ちを大切に日々を過ごすことで、停滞していた関係に何か良い兆しが見えてくるかもしれません。

一緒にいる時間に感謝する
画像出典: fotolia

結ばれることをゴールにしない

これを自分自身で納得するのは、とても難しいですが、結ばれることをゴールにしないというのも一つの選択です。というのも、相手と恋人同士の関係になるというのは、相手との信頼関係を築く時間と、絶妙なタイミングが必要です。どんなに頑張っても恋人関係に進めないのは、今はそういうタイミングではないということ。

しかし、恋愛関係だけ交流の全てではありません。友達としての関係であれば、恋人になるよりももっと容易く、信頼関係の深い絆を築くことが出来るのではないでしょうか。結ばれることをゴールにすると苦しくなって疲れるばかりですが、相手と良い関係を築くということを目標にすれば気持ちがふっと軽くなるかもしれません。

結ばれることをゴールにしない
画像出典: fotolia

本当のご縁は簡単にはなくならない

大事なのは、相手にとってアナタが今後とも付き合っていきたいと思える信頼関係を作ることです。例えそれがアナタの求める形の恋愛感情ではなかったとしても、どうか悲しまないでください。本当にご縁があるならばベストなタイミングで二人が結ばれる日がくるはず。それまで、流れに身を任せ、相手と良い関係を焦らず築き上げていきましょう。

執筆者:
角 侑子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数