加工アプリは要注意…?依存性が高いSNS習慣 加工アプリは要注意…?依存性が高いSNS習慣
画像出典: fotolia

加工アプリは要注意・・・!依存しちゃうSNS習慣

2018年03月14日
今やSNSは、私達の生活に欠かせない身近な存在。自身のクリエイティビティを世界に発信できるものとして、SNSをキッカケに様々な活動を広げている方も数多くいますよね。そのいっぽうでオンライン上でのコミュニティはリアルな世界との乖離が激しく、依存しやすい危ない一面も…。今回は依存性が高くなってしまうSNS習慣についてご紹介します。

加工アプリは使う度に依存していく

20代~30代を中心に、多くの女性が加工アプリを使用した経験があるのではないでしょうか。だって、カメラに自分の顔を映すだけで、肌補正がされて目が大きくなって、あごがシャープになるんですもの。つい使いたくなってしまいますよね。

そういえば、加工アプリを使った写真をSNSにあげたら「痩せた?」と言われて「やったー!」と歓喜しましたけど、それが加工アプリの効果だったことを知ったときは虚しかったなぁ…。

加工アプリの中にあるアナタの顔は、アナタが描く理想の姿であって本当の自分ではありません。そう分かっているはずなのに、一度ハマってしまうと、加工なしの写真を他人に見せることができなくなり、ついには“加工した自分こそが本当の姿”と勘違いをしてしまいます。そうなると、よりいっそう現実に生きる自分の顔が醜く感じてしまうので、アプリを使うのはほどほどに…。

自撮り
画像出典: fotolia

暇があればSNSで周りの行動チェックをしない

SNSそのものに依存している人は、暇さえあればSNSにログインをして周りの投稿をチェックします。もちろん、暇つぶしのためにのぞいたり、皆が何をして過ごしているのか気になってSNSを見るのは悪いことではありません。しかしやるべき事を終わらせていないのにSNSばかりを優先しているのは、SNSに自分を侵されているのかも。

また、周りの華々しい活動を投稿で見すぎると「なぜ、周りはあんなにスゴイのに、私はこんななんだろう…。」と自分を卑下してしまったり、落ち込む原因をつくります。SNSは一日で見る回数に制限をかけてチェックするなど適度に距離を置いたSNS習慣を心がけましょう。

いいねの数がアナタの評価と捉えない

自分の投稿に「いいね」が多くついていると嬉しい。その気持ちは誰にでもありますよね。自分の投稿が友達はもちろん、知らない人にもいいねされて、見てくれて…ひいては自分の投稿のファンになってもらえたら嬉しいです。しかし、中にはどんなに投稿しても「いいね」が思う以上につかないこともあります。

もしくは想いを込めた渾身の投稿をしたにも関わらず、コメントもいいねもほとんどなかった。なんてこともありますよね。そういう時に「いいね」が少ないだけで「自分は所詮、影響力のないヤツなんだ」と誤解をして、気持ちがガクっと下がってしまわないように気をつけて。アナタ自身の価値は「いいね」では図れないことを知れば、気持ちが左右されることが少なくなります。

いいねの数は評価ではない
画像出典: fotolia

SNSを適度に楽しもう

SNSに映るフィードは、その人のリアルな生活に見えて、実は架空の世界。誰もが華々しい活動や幸せをSNSに乗せて投稿しますが、実際に毎日そのような生活をしている人はどれだけいるでしょうか?キラキラした周りの投稿に気持ちが左右されて、自分自身の現実世界における貴重な一日をムダに過ごすことこそ、とても勿体ないことです。

依存性の高いものだからこそ、適度に楽しむ気持ちを忘れずに上手にSNSとお付き合いしていきましょう♡

執筆者:
角 侑子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数