パーティシーズン後のコンディショニングは「○○ケア」でOK! パーティシーズン後のコンディショニングは「○○ケア」でOK!
画像出典: fotolia

ダイエットは「内臓ケア」から!春がくる前に食品で内臓リセット

2018年03月02日
Aloha~ウォーキングプロデューサーOK和男です。美意識高き美LAB.読者のあなたならきっと、「来年こそは!」と年末に描いた目標へ、あるいは年始にたてた「新しい目標」に向かって歩み出していることでしょう。すでに挫折していてもOKです。是非このコラムをあなたの目標達成にお役立てください。まずは内臓からリセット!

私の挫折

突然ですが、ここで告白します。「朝方に切り替えて早起きして朝食前に勉強する」・・・3日坊主にすらならずに挫折しました。もはや挫折とも呼べぬ惨敗です。あなたはいかがしょうか?年末年始に抱いた「新たな美習慣」は続いていますか?えっ、続いていない?

美意識が高く積極的にアクションする美LAB.読者のあなたでも、年末年始の度重なるイベントや48年振りの寒波などに理由付けをして、新しく始めた美習慣が途絶えてしまっているかもしれませんね。それでもOKです。過ぎた日よりも「今」を大切にして、ワクワクする目標達成のために、まずは内臓からコンディショニングしていきましょう!

ちなみに、「挫折は早いうちに経験したほうがいい」という教えもあります。早いうちにとは、若いうちにという意味ですが、年間目標にも当てはまりますね。今から再スタートを切れば、まだまだ行けます!

挫折
画像出典: fotolia

まずは内臓のケアから!?

とはいえ、もうすぐ春です!いろいろとカモフラージュできる冬の厚着の季節が終わりを迎えます。パーティが続いた人も、ただただ一人で食べ過ぎてしまった人も、胃腸に優しいレシピで内臓から調子を整えていきましょう。

さらりと流しましたが「胃腸に優しいレシピ」とは?具体的に何なのかわからなければ行動に移しにくいですよね。「胃腸に優しいレシピ」。言い換えれば「胃で消化されやすく、腸で吸収しやすいメニュー」とも言えます。そこで今回は、消化吸収されやすく胃腸に優しいお勧めの食品をいくつかご紹介します。

胃腸の調子を整えてキレイになる!

【キャベツ】
キャベツは、風邪の予防・疲労回復・美肌に役立つビタミンCや、骨の形成にもかかわるビタミンKが豊富です。そしてお薬の名前でも有名なキャベジン(ビタミンU)も含みます。ビタミンUは、胃や腸の粘膜の修復や潰瘍の予防に高い効果が期待されています。

更に、でんぷん分解酵素ジアスターゼも豊富で、消化を助け胃酸過多を予防して、胸やけや胃もたれを防ぐ効果も期待できます。串カツ・とんかつなどの揚げ物を食べるときに、胸やけ予防としてキャベツをしっかり食べることも理にかなっていますね。私はいつもキャベツをおかわりしています。

【長いも】
長いもは、消化を促進する消化酵素ジアスターゼや、胃の粘膜を守るとされているムチンが豊富です。生でもOK!煮ても焼いても美味しい便利な芋、大好きです。

【リンゴ】
リンゴは、胃腸の働きを良くして殺菌作用などの効果があるクエン酸・リンゴ酸などの有機酸が豊富です。また、整腸作用を促進してコレステロール排出作用や便秘予防に効果があるといわれるペクチンを含有しています。ペクチンは“皮”に多く存在します。
皮には、酸化や老化を防止する働きがあるといわれるポリフェノールも豊富です。よく洗って皮ごといただくと良いですね。

【ヨーグルト】
ヨーグルトは、腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を増やさないようにして、腸内環境のバランスを整える乳酸菌の働きが有名ですね。消化・吸収のサポートや便秘の改善にも効果が期待されます。

胃腸に優しい食品
画像出典: 美LAB.

パーティが続いたときは、まず内臓ケアから健やかに

胃が疲れているときは、激辛・激甘・熱い・冷たいといった刺激物は控えましょう。食べ過ぎないようにして胃の負担を減らしながら、今回ご紹介したような胃腸に優しい食品を頂きましょう。

胃腸が元氣になると、普段の食事から摂取する栄養素がスムーズに全身に運ばれるようになります。パーティシーズン後のコンディショニング、まずは内臓ケアから始めましょう!マハロ~

執筆者:
OK和男

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

ダイエットカテゴリから探す