必ずしもタイプ=相性とは限らない!年上好きだけど実は年下との相性が良い女性の特徴 必ずしもタイプ=相性とは限らない!年上好きだけど実は年下との相性が良い女性の特徴
画像出典: fotolia

タイプ=相性ではない!?年上好きだけど、実は年下と相性が良い女性の特徴

2018年03月30日
頼りがいのある大人というイメージが強い“年上男性”。そのため「交際するなら絶対年上の男性」だと心に決めている女性も少なくはないでしょう。とはいえ好みのタイプと相性の合うタイプが、必ずしも同じであるとは限りません。中には年上好きではあるものの、実は年下との方が相性の良い女性も存在するのです。

交際する男性に頼りがいを求めている

女性が交際相手に求める条件としてよく挙げられる、頼りがい。この頼りがいを一番に求める女性は、「大人でしっかりしていそう」という理由から年上男性を好みのタイプをして挙げやすい傾向があります。

とはいえ彼らだってひとりの人間。ときには失敗をすることもあれば、優柔不断な一面を見せることもあるでしょう。そしてその際、勝手に「年上男性は頼りがいがある」と思い込んでいた女性は、そんな彼の姿を見て一気に幻滅してしまう恐れがあるのです。

しかし相手が年下男子であると、初めから過度な頼りがいを期待していないため、多少の失敗であれば「かわいい」と受け止めてあげることができます。また彼らがときに見せる男としての頼りがいある部分を見て、その姿に心奪われることだってあるのでは?

そのため男性に頼りがいを求める女性ほど、実は年下男子との方が相性もピッタリなのです。

交際する男性に頼りがいを求めている
画像出典: fotolia

極度の甘えベタである

仕事やプライベートでうまく人に甘えられない甘えベタ女性の中には、「信頼できる恋人の前だけでは素直に甘えたい」という本音を抱く人もいます。そこから自分を甘えさせてくれそうな年上男性を好みのタイプとして挙げる場合もあるでしょう。

しかし大人でしっかりした年上男性の中には、自分を甘やかすことを一切しない人もいます。そんな彼の姿を見ていると、「自分もしっかりしなくては」という考えが働くため、結果的に彼の前でも甘えられず強がりを続けてしまう可能性があるのです。

しかし反対に年下男子が彼氏である場合、大人女性は自然と彼と同年代に戻った感覚に陥ります。そのため無理せず童心にかえることができ、素直に甘えられるなんて場合も。

甘えベタだけど彼の前だけでは自然に甘えたい願望がある女性は、意外と年下男子相手の方が甘えられるかもしれませんよ。

極度の甘えベタである
画像出典: fotolia

日常の中で我慢をしがちである

大人になるにつれ、自分の気持ちを押し殺し、つい我慢してしまう癖がついてしまったという女性って意外と多いもの。

そんな我慢しがちな女性は、年上男性との交際において「彼から子どもに見られたくない」「ワガママを言って幻滅されたくない」という心理が働くため、ますます我慢して自分の気持ちを隠してしまうという悪循環をつくってしまいます。

でもそんな我慢しがちな女性でも、相手が自分より年下男子である場合は彼の方が自然にワガママを言ってくる場合も多々あるため、自分も自然な形ですんなりかわいいワガママが言えちゃうのです。

普段から気持ちをうまく伝えられず、我慢が癖になっているのであれば、一度年下男子との交際で素直になれる習慣をつくってみてはどうでしょうか。

年下男子との交際って楽しいかも

「年下男子との交際なんて絶対に考えられない」と思っている女性ほど、実は年下男子との相性が良いというケースは少なくありません。

もし年上男性が好みではあるものの、彼の前で無理をしてしまうことが多々あるようであれば、一度、年下男子との交際も視野に入れてみてはどうでしょうか。

執筆者:
LISA

LINE@で美LAB.を

友だち追加数