イライラするならこれをプラス!いつもの食材にちょい足しするだけの簡単薬膳! イライラするならこれをプラス!いつもの食材にちょい足しするだけの簡単薬膳!
画像出典: fotolia

いつもの食事にちょい足しするだけ!イライラ気分を和らげる簡単薬膳

2018年03月16日
こんにちは。国際薬膳調理師の倉口ゆうみです。「イライラする」「欝々とする」忙しく働く毎日、そんな気持ちになったこときっとありますよね。でも、本当はイライラしたい訳じゃないはず。できれば毎日ごきげんに過ごしたい・・と思っていませんか?そんな時はこんな食材をちょい足しすることでイライラを和らげる薬膳ごはんに早変わり♪ぜひ試してみてくださいね!

イライラするのはあなたのせいじゃない。

イライラすると「自分の性格が悪いのかな」と自分を責めたくなるかもしれませんが、でもそうではないんですよ。中医学では気・血・水の3つがからだを構成する3つの物質と考えられています。この3つはそれぞれ過不足なく、スムーズに巡っていることが理想なのですが、現代の忙しい世の中ではストレスや、食生活、生活習慣でバランスが崩れやすいのが現実。

この気血水の中でもイライラすると密接に関わってくるのが「」。気は私たちの体にパワーをくれ、命を継続するために不可欠な生命エネルギーを与えてくれます。気はパワーなので、足りなくなると元気がなくなったり体がだるくなったりします。そしてうまく巡らなければ滞ってしまってイライラしやすくなってしまうのです。ですので、イライラしやすいという方は気を滞らせず、スムーズに巡らせることが大切なんです^^

イライラする時は自分を責めるのではなく「あぁ、気の巡りが悪くなっているのかな?」って思ってくださいね。あなたが悪いわけではないんです。

イライラ気分
画像出典: fotolia

イライラしやすい・・そんな方はこの食材をプラス!

「気を滞らせず、スムーズに巡らせることが大切なのはわかったけれど、でもどうしたらいいの?」と思いますよね。

気をスムーズに巡らせるためのキーワードは「香りのよいもの」です。その中でもいろんな料理のアクセントになり、彩りも豊かになるおすすめの食材があります。それが「紫蘇」

紫蘇はお味噌汁にも、サラダにも、炒め物にも、鍋物にも様々なお料理と相性がよいので、冷蔵庫に常備しておいて完成したお料理にさっとトッピングするだけで、いつものごはんがイライラしてるときにも嬉しい気を巡らせてくれるごはんになるんです。

お値段も安価ですし、スーパーでも年中手に入りやすい食材で、しかもイライラを和らげてくれる。紫蘇は働く女性の味方の食材なんです!筆者自身も冷蔵庫に紫蘇を常備しておいて、納豆に入れたり味噌汁に入れたりといろんなお料理に活用していますよ。

また、紫蘇は身体を温めますし、胃の調子がよくない時も胃の不快感をとりのぞいてくれるパワーもあるので身体が冷えやすかったり、胃が弱い人にもおすすめ食材です。

紫蘇の納豆
画像出典: fotolia

さらに、気がごきげんを動くためにしたいこと3つ。

1.リフレッシュする時間を早めに作る。
気はストレスがかかると滞りやすくなります。「あぁ辛いな」と感じたら早めにリフレッシュする時間を作りたいものですね。これがあると私はごきげんになれる!というアイテムや場所があるといいですね。

2.深呼吸
ストレスがかかると呼吸が浅くなりがち。イライラする・・・!と感じたらまずは深呼吸をしてみましょう!

3.軽い運動
お散歩など軽い運動をすると気が喜んで動いてくれます。体を動かさないと気って滞りがちになりますので、週末だけでも身体を動かす時間を作ってみましょう。

最初から意気込んで色々やろうと思うとかえってストレスになってしまいます。まずは日々の食事に紫蘇を取り入れよう!イライラしたら深呼吸をしてみよう!と日々できそうなことから生活に取り入れてみませんか?

参考文献:現代の食卓に生かす「食物性味表」日本中医食養学会 漢方・中医学がわかる本 宝島社

執筆者:
倉口 ゆうみ

LINE@で美LAB.を

友だち追加数