冬の定番!鍋パーティーでのモテマナーテクニック 冬の定番!鍋パーティーでのモテマナーテクニック
画像出典: fotolia

冬の定番!鍋パーティーでのモテマナーテクニック

2018年02月18日
寒い冬のメニュー「鍋」。仲の良い友人と炬燵に入り、ひとつの鍋をつつく鍋パーティーや彼と二人でラブラブ鍋ディナーは、心も身体もあたたまるひと時ですよね。ですが実は鍋には気をつけなければならない点が意外と多く、無意識のうちに相手に不快な思いをさせてしまっていることも。今回は冬の定番鍋パーティーで知っておきたいマナーについてお伝えします。

親しき仲にも礼儀あり

いくら普段仲が良いとはいえ、他人の箸が入ったものを口にするのは抵抗がある方もいます。また、素手で具材を入れるのも不衛生。野菜や肉を入れる菜箸はもちろん、鍋を取り分ける取り箸や、スープをすくう専用のおたまを用意しておくと喜ばれます。

また、具を取る時は鍋の中で具材を混ぜながら選んだり、一度箸でつまんだものをまた鍋に戻したりするのもNG。好きなものだけ選り分けて食べるのではなく、バランス良くいただくようにしましょう。

鍋
画像出典: fotolia

鍋奉行は空気が読めるかが鍵

数人集まれば1人はいる鍋奉行。我先に箸を持ち具材を鍋にどんどん入れてしまう、ゆっくり食べたいのに、とんすいにガンガン煮えた具材を入れてくる・・・こんな鍋奉行さん見た事ありませんか?せっかくのおいしい鍋ですから、会話を楽しみながら自分のペースでいただきたいものですよね。

また、鍋は苦手な食材があったり、しっかり煮えたものが食べたかったりと、個人的な好みも出やすいので、取り分け役をする際は「お好みはありますか?」と一声かける気遣いをもちましょう。

鍋奉公
画像出典: fotolia

締めの後まで楽しく

締めの雑炊までいただき、お腹いっぱい!美味しく楽んだ鍋パーティー。大勢でいただく鍋料理は小皿をたくさん使ったり、ゴミが出たりと意外と片付けに手間がかかります。ホームパーティーの場合は、終電があるからサヨナラーっとサッサと帰らず、片付けを手伝う気遣いを持ちましょう。

みんなが酔っぱらって寝転んでいる中でサクサク片づけをしている姿は、育ちの良さと優しさが垣間見え、いっきに好感度が上がります。

おわりに

みんなでひとつの鍋を囲みゆっくり時間をかけていただく鍋料理は、普段している食事のマナーが出やすい料理。女子会、合コン、デートであっても気をつけたいことは共通しています。少しの気遣いで大きく印象アップできるモテマナーを身につけて、冬のパーティー美人を目指しましょう!

執筆者:
三ツ矢 玲子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数