心と体の変化に気付ける自分になる!心と体に耳を傾け、ごきげんな自分になるSTEP3! 心と体の変化に気付ける自分になる!心と体に耳を傾け、ごきげんな自分になるSTEP3!
画像出典: fotolia

心も体もお疲れモード。心地よい毎日を送るためのSTEP3

2018年03月01日
「自分の心と体に耳を傾ける」って最近よく聞くフレーズだと思います。でも、「実際どういうことなのか分からない・・・」って方も多いのでは?でも、落ち込みイライラなどの気持ちの変化や、なんだかいつも体の調子が良くない・・・そんな不調に振り回されず元気に過ごしたい!というのが私たちの理想ですよね。

その為に、自分の変化に耳を傾けるのはとっても大切なこと。今回は心地よい毎日が送れるように「自分の心と体の変化に耳を傾ける」3ステップをお話ししていきますね!

【STEP1】忙しくても自分の体の変化に敏感になる意識を持つ

自分の体の変化に意識を向けていますか?きっと、忙しい毎日を送っていると体が疲れ切ってきて、自分の体の変化に気づく余裕もないかもしれません。例えば「あれ?昨日よりなんか体だるいかも」「生理痛が先月よりきついような気がする・・・」って体のちょっとした変化も「まぁ、いつものことか」「とりあえず薬飲んでおこう」と流していませんか?

でも、最初の小さな変化を「まぁいいや」と流してしまうと、後からどーんとくるかもしれません。体って自分が思っている以上に疲れているもの。元気だと思っていたのにいきなり熱が出た!など、いきなりばったり寝込んでしまうことはないですか?でも、ちょっとした変化に気づけていれば対策もたてやすいし、立て直して復活するのも早いです。

体って本当に素直なもので、いろんなところからSOSを出しているもの。体が疲れていても「いつものことだし」「忙しいから仕方がない」と諦めずに、どんなに忙しくても自分の体の変化に敏感になろう!と意識することを忘れないでください

寝込むまでいってしまうと治るまで時間がかかりますし、気持ち的にも落ち込んでしまうもの。自分の体を大事に労わることが何よりも大切です。まずは自分の体を感じて「痛いところはないかな?」「体は昨日より疲れてないかな?」など意識をむけることが「自分の心と体の変化に耳を傾ける」大切な1ステップです!

自分の不調
画像出典: fotolia

STEP2・自分の感じたこと・思っていることに意識を傾ける!

「こんなことが嫌だった」「こんなことが辛いと思った」など自分の辛い気持ちを吐き出すと、何に対して自分がストレスを感じているのかが分かります。例えば「誰かの悪口を聞いたりするのが辛い」と感じるのであれば「私は人の悪口を誰かが吐き出すような環境は嫌なんだ。」と分かりますね。

ストレスは体に大きなダメージを与えます。そのストレスになるものをいかに遠ざけることができるかが大切になってきますので、ぜひ小さなことでも「あ、なんか今嫌な感じだった」と感じるものがあれば、ノートに書き出したりして自分の気持ちをじっくり見つめてみてください。

逆に「こういうの好き!」「これやってると時間たつのが早い!」という、自分が楽しむことができる物や、お気に入りの物を改めて感じてみるのも大切。

自分から元気を奪ってしまうものをなるべく少なくし、逆に自分に元気をくれるものを沢山取り込むことで毎日がびっくりするくらい心地よくなります。

まずは自分のストレスとなるもの、元気をくれるものに意識を傾けノートに書き出したり、ケータイにメモをしてみましょう。これが大切なSTEP2!

好きなことを感じてみる
画像出典: fotolia

STEP3・心と体から元気を奪うものを考えて、今からできることを探してみる!

STEP1・2でも書いたように、自分の心と身体の変化に気づくには自分の体に意識を向けること、心については自分がストレスを感じる物と心が喜ぶものに意識を向けましょうとお話しをしました。

さて、自分の心と体の変化を感じることができるようになってきたら次のステップへ!「何故そうなったのか考え、自分にできることを始めてみる!」STEP1とSTEP2で例に出したことを用いてまとめてみますね。

【体の不調】
◎「体がすごく疲れている」と感じた場合
最近オーバーワークだったかも・・・今日は残業しないで帰れるよう、仕事を効率よく終わらせる工夫をしてみよう!

◎「生理痛が先月より辛い」と感じた場合
ビールとか、ジュースとか冷たい物とりすぎだったかも。ちょっと薄着だった気もするし・・・お酒をあったかいお茶に変えてみよう!会社では薄い腹巻をして、おうちでもアームウォーマーやモコモコの腹巻をしてあったかくしてみようかな!

【心の不調】
◎「誰かの悪口を聞いたりするのが辛い」と感じる場合
私も嫌と言いながら、聞いてしまう態勢をとっていたかも・・・悪口を言う人がいたら軽く流して「ちょっと飲み物買ってきます」など席を離れてみることはできないかやってみよう!

このように自分の今の辛い状態に対して「なぜそうなったかな?」を考え、“今できること”を考えて実践してみましょう。すぐに行動にうつすのは難しくても「なぜそうなったかな?こうしたら今より楽になりそう!」と思う事を意識して継続していくことがごきげんな自分になる近道です。

身体を温めてみる
画像出典: fotolia

終わりに・・・

心と体に耳を傾けるって文字にすると簡単ですが、実際やってみるとなかなか難しい物。「こう思ったら甘いって思われるんじゃないか?」「そうは言っても忙しいからそんな時間ない!」って思う日もあると思います。

でも、きっと心のどこかでは「自分を大切にしたい」という気持ちがあるのでこの記事をご覧頂いたと思います。そんな思いがあるあなたなら大丈夫。時間はかかるかもしれませんが、今日書いたことを実践していくと「あれ?前よりなんだか生きやすくなったかも!」そう思える日がくるはずです。私自身も時間はかかりましたがここに書いたことを実践して、以前よりとても生きやすく心地よい毎日を送っています。

継続は力なり!一緒に心地よい毎日を作るためにぜひこの3SETP試してみてくださいね!

執筆者:
倉口 ゆうみ

LINE@で美LAB.を

友だち追加数