働く人のメンタルヘルスマネジメント術 働く人のメンタルヘルスマネジメント術
画像出典: fotolia

心が疲れて余裕なし。働く人のメンタルヘルス・マネジメント術

2018年03月05日
ビジネスパーソンの皆さん、ご自身の心を健康に保つケア(セルフメンタルヘルスマネジメント)してますか?毎日慌ただしく、そんな余裕は無い、あるいはもういっぱいいっぱい!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

日々の様々なストレスに対して、どうコントロールしていけばよいのでしょう。今回は健康づくり指導者であり、メンタルヘルスマネジメント資格を持つ筆者が、働く人の心の健康づくりについてお話します。

メンタルヘルスケア・ストレス軽減法

【食生活面】
カラダに取り込むものは体調や情緒に現れます。ストレス耐性を上げ、精神安定効果がある栄養素と食品をご紹介します。

ビタミンC・・・ゆず、トマト、キウイ、アセロラ
たんぱく質・・・卵・肉・魚・豆
カルシウム・・・ミルク・ヨーグルト・チーズ

気持ちを明るくする・・・オレンジ・バナナ・大豆
イライラ・・・ナッツ・チーズ

ヨーグルト
画像出典: fotolia

【生活面】
悩みを打ち明けられる人がいるか・・・打ち明けたとたん楽になったということが多々あります。

ワークライフバランス・・・どちらも偏りすぎてはダメ。切り替え上手になろう。

睡眠をしっかりとること・・・眠れない場合、肉体・精神疲労は取れません。睡眠不足は昼間の生活に影響し、ネガティブ感情を引き起こし、心身の不調にダイレクトに影響します。

趣味を生かしたメンタルヘルス対策

・一生涯の趣味や好きなことを見つけると楽しみになり、そこから同じ趣味を持った仲間ができる。

・時間を忘れて没頭できる。頭が空っぽになる、ホッと癒されるなどストレス脳を休める(積極的休養)効果がある。

・五感(見る・効く・触れる・味わう・嗅ぐ)に働きかける。植物や自然、動物と触れ合うことなども大切です。

植物や自然、動物と触れ合う
画像出典: fotolia

健康法

腹式呼吸法・アロマテラピー・自律訓練法など。

ストレッチは、ケガの予防・疲労回復効果があります。また、ヨガ・太極拳などは気持ちを鎮め、呼吸にゆっくりした動きを合わせながら精神リラックスを引き出し、メンタルヘルスにも良いです。

軽い柔軟運動なら、お仕事後や就寝前にも簡単にできます。好み・関心を生かした稽古事をする。できれば、体を動かす事であれば一石二丁ですね。

執筆者:
小川 りょう

LINE@で美LAB.を

友だち追加数