『もう愛していない』…この言葉を言う勇気がありますか? 『もう愛していない』…この言葉を言う勇気がありますか?
画像出典: fotolia

『もう愛していない』…この言葉を言う勇気がありますか?

2018年02月08日
私たちの心は移り変わるもの。それは、あなたの愛する人への感情についてもそう言えます。一時的にはとても愛していたけれど、今はもうそうじゃない。この言葉を言う勇気が、あなたにもたらすものとは? 長く連れ添った相手と別れるのは、決してふたりにとってマイナスなこととは限りません。

私たちの感情は、移ろいやすいもの

あなたにはいま、恋人がいるでしょうか? どれだけ最初に「この人だ!」と思ったとしても、あるときふと「あれ、やっぱり違うかも」と思ったりすることは、誰もが経験したことがあると思います。

例え長い年月の付き合いだったとしても、そう思ってしまうことはあります。これについては、さまざまな原因があるでしょう。相手が変わってしまった。または、あなたの心が成長するスピードやステージや、相手と大きく差が開いてしまった。

どのような理由にせよ、ふたりの間にある『学びの期間』が終わったのです。もしも一生連れ添ったとしても、『死』という出来事を迎えれば誰もが『別れ』を迎えてしまいます。その『別れ』が早いか、遅いか。ただ、それだけの違いなのです。

別れ
画像出典: fotolia

『もう愛していない』と言う勇気をもとう

あなたがもしも、恋人に対して『もう愛していない』と思うのであれば……。それを伝える勇気を、持つ必要があります。

もちろんあなたが願えば、相手を再度愛することは可能でしょう。愛というものは、一時的に無くなったかのように思える期間があるからです。どのような人にでも、こうした時期は訪れます。

しかし、そのことを考慮した上で『もうこの人といる時間は終わった』と感じるなら。そのことは、きちんと相手に伝えなければなりません。あなたの気持ちを伝えなければ、今後ずっと相手と自分の気持ちに嘘をつき続けることになるからです。

自分の気持ちに嘘をつき続ける
画像出典: fotolia

結論:自分の心に誠実でいること=相手に誠実であること

あなたが『正直さ』『誠実さ』といった言葉に「ピン!」とくるのであれば、あなたの気持ちを伝えることの重要さが、よく分かるでしょう。一度は愛した相手ですから、誠実でいたいはずです。

決して嫌いになったわけではないからこそ、あなたは勇気をもって別れを告げる必要があります。『自分の心に誠実でいること=相手に誠実であること』なのです。

お互いにとって、最良の伴侶が見つかる道を歩みましょう。いまふたりがいるのは、その分かれ道なのです。

執筆者:
今井 翔

LINE@で美LAB.を

友だち追加数