コンビニ食でダイエット!忙しくてもメリハリボディに コンビニ食でダイエット!忙しくてもメリハリボディに
画像出典: fotolia

コンビニ食でもダイエット。忙しくてもメリハリボディに♪

2018年01月07日
師走はどうしても忙しくて自分のことが疎かになってしまいますよね。外食やコンビニランチなどが増え、気づけばイベント続きの年末年始に。年が明けると2〜3kgたくましくなってしまった!なんてことも。

年齢を重ねるにつれて代謝が下がっていきますから、体重が増えてしまった後に挽回することが難しくなってしまいます。コンビニ食でも「何を選ぶか」を工夫することで、健康的で代謝のいい、太りにくい体質をつくりましょう。

コンビニ食では「3種類の食べ物」を組み合わせる

コンビニで人気のお弁当やホットスナック、菓子パンなどは、油物が多かったり糖質・脂質に栄養素が偏ったりして、太りやすい体質を招いてしまいます。

選ぶべきは・・・
1. 炭水化物が豊富な食品を「握りこぶし1つぶん」
2. たんぱく質が豊富な食品を「手のひら1枚ぶん」
3. ビタミン・ミネラル類が豊富な食品を「両手いっぱい」

この3つ。これらをバランスよく組み合わせるようにすると、栄養バランスが整い、代謝を高めやすくなります。

おにぎり
画像出典: fotolia

炭水化物は「おにぎり」をチョイス

菓子パンやパスタなどは、他の食べ物と合わせにくく摂取できる栄養素が糖質や脂質に偏りやすくなります。そのため、ツナマヨネーズなどの高カロリーなものではなく、なるべくシンプルな「塩おにぎり」や「昆布おにぎり」、「鮭おにぎり」などを選ぶのがおすすめ。

他のおかずと組み合わせるためにも、おにぎりは握りこぶし1つぶんを目安に、1個におさえましょう。

たんぱく質は「揚げ物以外の肉・魚・卵」で

煮魚のお惣菜や焼き魚、煮卵、お刺身、ヨーグルトなど、揚げ物以外の肉・魚・卵・豆製品・乳製品などを、手のひら1枚ぶんを目安に選びましょう。魚の缶詰もおすすめですよ。

ビタミン・ミネラルは「野菜ジュース」や「野菜たっぷりスープ」で

食事をスープから始めることで、お腹が落ち着き、食べ過ぎを防ぐのにも役立ちます。野菜や海藻に豊富な食物繊維が、消化・吸収をゆっくりにし、腹持ちをよくしてくれます。あまり野菜料理を手に入れられない場合は、野菜ジュースをチョイスしましょう。

野菜スープ
画像出典: fotolia

量よりも質を重視して!

同じカロリーを摂取しても、栄養バランスがよければ代謝を高めて消費しやすくすることが可能。逆に低カロリーでも栄養バランスが偏れば代謝が悪く太りやすくなります。

コンビニ食も、選び方次第。太らない食べ方で、忙しい毎日でもダイエットを成功させましょう!

執筆者:
Nao Kiyota

LINE@で美LAB.を

友だち追加数