35歳、周りは年下だらけ。そんなあなたが目指すべきモテ姉御肌への道 35歳、周りは年下だらけ。そんなあなたが目指すべきモテ姉御肌への道
画像出典: fotolia

35歳、周りは年下だらけ。そんなあなたが目指すべき「モテ姉御肌」への道

2017年12月29日
ほんの数年前までは年上の先輩に甘え、同年代の同僚や友人と切磋琢磨し合う日々を送っていた私たち。しかし気がつくといつの間にか周囲は年下だらけ。甘える側から頼られる側へと立場が逆転していました。それなら恋愛でもその頼りがいを武器にして、これまで以上にあなたの魅力を引き出してみてはどうでしょうか。今回はそんなモテ姉御肌女子が持つ特徴についてご紹介いたします。

素直に間違いを認めて謝れる

自己啓発本などでよく目にする“「ごめん」よりも「ありがとう」を多く言う心がけをしよう”という一文。実際、「ありがとう」をきちんと言える女性は、それだけで周囲からの好感度もあがります。

でも実は「ありがとう」だけでなく「ごめん」の一言も、恋愛関係や人間関係を円満に続けるために必要な言葉だったのです。

特に人生経験豊富な30代女性は、これまでの人生で築き上げてきたものがたくさんあるため、プライドも人一倍高くなっています。たとえ自分が間違っていたとしても、そのプライドが邪魔して素直に謝れないこともあるのでは?

そのように「ごめん」の一言が素直に言えない大人女子が多いからこそ、きちんと間違いを認めて謝れるという女性は、周りから尊敬され、憧れを抱かれる真のモテ姉御肌女子になれるのです。

モテ姉御肌女子
画像出典: fotolia

自分ことは極力話さない

女性の中には聞かれてもいないのに自ら率先して自分の話をしてしまう人もいます。もしかすると、自分が話したいあまり、無意識のうちに他人の会話を横取りしてしまうなんて人もいるのでは?

とはいえそのような女性は当然、周りから空気が読めない人に見られてしまいます。また、常に自分中心で会話を進めようとする振る舞いは、精神的に幼い女性であるという印象を与えてしまうのです。

それよりも普段は自ら進んで自分の話をせず、周囲の声に耳を傾ける聞き手役にまわるようにしてみましょう。聞き手にまわることで頼りがいのある姉御肌気質の一面を見せられるのはもちろん、自分のことを極力話さないというミステリアスさが周囲の年下男子を魅了するきっかけをつくるのです。

モテ姉御肌女子
画像出典: fotolia

姉御肌気質で他の女性と差をつけよう

35歳という年齢は、女性にとってひとつの節目となる年でもあります。仕事やプライベートはもちろん、恋愛でも新たな領域に挑むにはまさに打ってつけのときなのです。

そのためにもまずは姉御肌気質の一面を見せ、他の女性と差をつけましょう。男性が心から「姉さん」と慕いたくなるような女性を目指すことができれば、おのずと恋愛にも良い影響が表れるはずです。

執筆者:
LISA

LINE@で美LAB.を

友だち追加数