「私ってただの都合のイイ女?」という疑惑が生まれたときに考えられる3つの真実 「私ってただの都合のイイ女?」という疑惑が生まれたときに考えられる3つの真実
画像出典: fotolia

「私ってただの都合のイイ女?」考えられる3つの真実…!

2017年12月23日
「彼が会いたいときにだけ連絡がくる」「デートはもっぱらどちらかの家」など、彼の都合重視の交際が続くと「もしかして私って都合のイイ女扱いされている?」という疑惑が生まれるのではないでしょうか。

でも、必ずしもそうであるとは言い切れません。そこで今回は都合のイイ女扱いされているかもという疑問が生まれたときに考えられる真実をご紹介いたします。

真実1:本当に都合のイイ女

彼都合での交際が続くだけでは、まだ都合のイイ女扱いをされているかどうか確信を持つことができません。しかしその他にも不審な点が次々に出てくるようであれば、残念ながら都合のイイ女扱いをされている可能性も高いでしょう。

たとえば、「彼が会いたいときにだけ連絡がくる」うえに「こちらからの連絡には基本的に返信がない」ようであれば、それだけで彼があなたを都合のイイ女として見ていると言えます。

また、会うのは必ず決まった曜日の同じ時間だったり、呼び出されたときは必ず何かお願いをされたりするなども、都合のイイ女に対して男性がとりがちな行動のひとつです。

このような状態が続くようであれば、スパッと彼との縁を切り、自分から都合のイイ女扱いされる生活を抜け出しましょう。

連絡がこない
画像出典: fotolia

真実2:彼の恋愛依存心が低いだけ

彼からの連絡が不規則だったり、理由がないと会えなかったりという関係が続くと、誰だって不安を抱くことでしょう。

でもそれ以外では特に怪しい点もなく、彼の態度からも特に変化が見えないようであれば、ただ単に彼の恋愛に対する依存心が低いだけなのかもしれません。

特に恋愛よりも仕事やプライベートを優先する男性だと、それらを優先するあまり、恋愛にかける時間も減ってしまいます。

とはいえ決してあなたとの関係を適当に考えているというわけではないので、「彼はこういう人なのだと」割り切って交際を続けてみてはどうでしょうか。

仕事を優先する彼かも
画像出典: fotolia

真実3:彼が極端な面倒くさがり屋

たまにしか連絡をくれなかったり、外でデートすることを嫌がったり。このように何か行動を起こすということをなかなかしようとしない彼の場合は、極端な面倒くさがり屋である可能性があります。

そもそも極端な面倒くさがり屋は、たった一通のLINEを出すこと自体も面倒に感じます。またいちいち計画を立てて、外に出かけるというデート自体も考えただけで億劫に感じてしまうのです。

「連絡を返してくれない」「外でのデートを嫌がる」という一面はあるけど、それ以外に特に不満はないというようであれば、都合のイイ女扱いをされているのではなく、ただ彼が面倒くさがり屋の性格であるだけだと安心しても良いでしょう。

面倒くさがりの彼
画像出典: fotolia

悪い想像=真実とは限らない

彼の態度に少しでも疑惑が生まれると、次々と悪い想像ばかりが頭の中に浮かぶこともあります。でも決して、あなたが想像していることが事実であるとは限らないのです。

「もしかして私って都合のイイ女?」という疑問が生まれたときは、これまで以上に彼の行動を観察し、そこから真実を見極めるようにしてみましょう。

執筆者:
LISA

LINE@で美LAB.を

友だち追加数