ボトム選びに気をつけて。お悩み別!下半身カバー力のあるスカート ボトム選びに気をつけて。お悩み別!下半身カバー力のあるスカート
画像出典: fotolia

ボトム選びに気をつけて。お悩み別!下半身をカバーできるスカート

2017年12月04日
日本人の女性は下半身がぽっこりしやすい、洋梨体型が多いと言われています。せっかく上半身がスッキリしていても下半身のスタイルが良くないと、トータルコーデがなかなか決まらないのですよね…。そこで今回は、下半身にお悩みを持つ方にオススメする、カバー力のあるスカートタイプをご紹介いたします。

下腹部ポッコリさんは、ハイウエストベルトスカート

ちょうど、おへその下あたりの下腹部がぽこっと出てしまっている方におすすめのスカートは、ハイウエストのベルトスカートです。

ハイウエストベルトスカートとは、通常のスカートよりも、ウエスト位置が高く、共布のベルトが付属されているスカートのこと。ベルトがあることで、ウエストがキュッと引き締まり、おへそ辺りからふんわりとボリュームが出ます。それが、ちょうど膨らみのある下腹部をすっぽりカバーしてくれるというワケ

通常のスカートだと、おへその下から膨らみが出るデザインなので、下腹部のポッコリさが余計目だってしまうのですが、それをハイウエストに変えることでスタイルアップが実現するのです。

ただし、ハイウエストのスカートでも、下半身のボディラインが出やすいタイトスカートを選ぶと、横から見た時に下半身が目立つ可能性があります。必ずハイウエストスカートは、ふんわり広がるシルエットのものを選びましょう。

お尻大きめさんは、サーキュラースカート

骨盤が広く、お尻が大きい方はサーキュラースカートがオススメ!サーキュラースカートとは、スカートを広げると円形になるデザインで、履くと波打つような落ち感のあるドレープが特徴的です。

サーキュラースカート
画像出典: fotolia

ギャザースカートはウエスト部分からギャザーをよせて、ふんわりボリュームが出るので、お尻の大きさが目立ちやすいですが、サーキュラースカートは裾にボリュームが出るので、お尻まわりはスッキリ見えやすくなっています

お尻まわりがスッキリ見えるとお尻の大きさが目立つのでは?と、不安に思うかもしれませんがご安心を!サーキュラースカートのシルエットは、裾にボリュームのあるAラインシルエットなので、お尻本来の大きさを目立たなくさせる効果があります。丈は膝下からミモレ丈あたりまでがベストですよ

ふくらはぎポッコリさんは、ロングのペンシルスカート

ふくらはぎにボリュームがあって、スカートを履くと決まらない…という方にオススメなスカートはロングのペンシルスカート。ペンシルスカートは、ウエストから裾まで直線的なシルエットで、足のラインを拾わないデザインです。

ボリュームのあるふんわりスカートも、ふくらはぎが太いと足がたくましく見えてしまいますよね。しかし、ペンシルスカートなら、足のラインを全てカバーしてしまうので、気になるふくらはぎを目立たなくさせます

ロング丈は、ふくらはぎ下から足首辺りまでの丈の長さがちょうど良いポイント。身長が低めの方は、重く見えてしまいやすいので、ヒールのあるショートブーツやパンプスで重たさをカバーしてみてくださいね。

ロングのペンシルスカート
画像出典: fotolia

2つ以上のお悩みに該当する方は….

もし、2つ以上のポイントが気になる方は、以下を参考にコーディネートしてみてください。

・下腹部とお尻が気になる方は、ハイウエストスカートを
・下腹部とふくらはぎが気になる方は、ハイウエストスカート+ロングブーツ
・お尻とふくらはぎが気になる方は、ペンシルスカートに丈の長いニットをフロントイン


どうしても目立ってしまう部分を優先的にカバーして、トップスやブーツで他のパーツをカバーすればさらなるスタイルアップが期待できますよ♡

執筆者:
角 侑子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数