グラスを持つ手ひとつで印象が変わる。飲み方が上品だと思われる女性の作法 グラスを持つ手ひとつで印象が変わる。飲み方が上品だと思われる女性の作法
画像出典: fotolia

グラスを持つ手ひとつで印象が変わる。「飲み方が上品」と思われる女性の作法

2017年11月26日
忘年会や新年会を始め、何かとお酒を飲む機会が増える年末年始。もちろんそのような場では、友人や職場の人たちと楽しくお酒を飲めることが一番ではあります。でもどうせなら「飲み方が上品な女性である」という印象を持たれる振る舞いも意識してみませんか?

グラスごとに持ち方を変える

お酒は種類によってグラスの形も変わってきます。当然、グラスごとにその持ち方も変わってくるため、グラスの持ち方がキレイだと、それだけで周りから上品な女性として見てもらえることができるのです。

ビールジョッキ、カクテルグラス、ワイングラス……。それぞれの持ち方のマナー等を事前に覚えておくと同時に、グラスを持つ手がキレイに見える角度なども練習しておくようにしましょう。

グラスの持ち方
画像出典: fotolia

お皿の汚れやテーブルの水滴を意識する

まずは想像してみてください。目の前に置かれたお皿が料理のタレや残り汁で汚れており、テーブル上のグラス周りは水滴が飛び散り放題……。そのような状態で食事を進める女性を見て、上品だと思う人はまずいないでしょう。

飲みの席では食べ方や飲み方に気を遣うと同時に、テーブルの上の汚れ等にも意識を向けるようにしましょう。お皿に盛られた料理は汚さないように頂き、水滴はこまめにふき取るようにするだけでも、周りから見た印象は大きく変わるはずです。

異性とは一定の距離感を保つ

酔うと理性が失われ、普段よりも大胆になる女性もいます。とはいえ周囲の男性に対してむだにボディタッチが増えたり、思わせぶりな発言を繰り返したりという行為は、飲みの席において特に下品な行為として見られます。

お酒は飲んでも飲まれるな。たとえ酔いがまわったとしても周囲の異性とは普段と変わらず、一定の距離感を保つようにしましょう。

お酒に飲まれない
画像出典: fotolia

お酒の席での振る舞いには気をつけて

本来、楽しい場であるはずのお酒の席。しかし振る舞い次第では周りから下品な女性として見られ、自分の印象を悪くする可能性もあるのです。

そんな失敗を防ぐためにもお酒の席では上品な振る舞いを心がけましょう。そこから男性があなたに好印象を抱き、それが恋愛につながる可能性だってあるはず。

執筆者:
LISA

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい