口元から大人の女度を上げよう!似合うリップカラーの選び方 口元から大人の女度を上げよう!似合うリップカラーの選び方
画像出典: fotolia

口元から大人の女度UP♡似合うリップカラーの選び方

2017年11月24日
ポーチやバックに入っているだけでも可愛いアイテムであるリップ。次から次へと可愛い色味が発売されていますよね。自身に似合うリップカラーを選べていますか?見た目の色が可愛い!だけで購入しても、つけるとなんか違った‥なんてことはありませんか?

大人女性だからこそ覚えておきたい!自分に似合うリップカラーの選び方をご紹介します。

■自分のお肌の色味を見極めよう

自身のお肌の色味が「ブルーベース」か「イエローベース」かを知っておくことがポイントです。

お肌の色が透明で、青みがかった白さや肌色の方は「ブルーベース」が似合うとされています。お肌の色が健康的で黄身がかった肌色の方は「イエローベース」が似合うとされています。

アクセサリーなどで言えば、ブルーベースの方はシルバーが肌になじみやすく、イエローベースの方はゴールドがなじみやすい傾向にあります。

自分に似合う色味
画像出典: fotolia

リップ中でも「ピンク系」と言っても何色もありますよね。わかりやすく言えば、「青みがかったピンク」である、ローズピンク、スモーキーピンクなどがブルーベースの方に似合う色味。

「オレンジがかったピンク」である、コーラルピンクやアプリコットピンクなどがイエローベースの方に似合う色味です。

コスメカウンターや美容部員さんに、どのような色が似合うかをチェックして選んでもらうのも良いですね。

■服装や雰囲気に合わせて質感を選ぼう

その時の流行りの質感もありますが、やはり、服装や雰囲気に合わせた質感を選び合わせる方がより、大人っぽさや色っぽさを演出することが出来ます。

「ツヤ感、透明感が欲しい、ドレッシー系に魅せたい」という方は、グロッシー系のツヤや光沢のある質感のものを選びましょう。

「マット感、スタイリッシュ系、キャリアウーマン系に魅せたい」という方は、マット系やセミマットな光沢の少ないものを選びましょう。

質感を選ぶ
画像出典: fotolia

「なんだか似合わない‥」「お肌がくすんだように見える」と感じたら色味ベースが合っていないかも。

自身の似合う色味を知っておくことで、リップはもちろんのこと、ファンデーションやチークなどのコスメアイテムや服にも使えます。

そして、魅せたい雰囲気に合わせてコスメの質感を選ぶことでより大人女性の雰囲気を出すことができ、女度アップ間違いなし。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

執筆者:
寒川あゆみ

LINE@で美LAB.を

友だち追加数