大人メイクを意識しよう!チークの色味と入れ方で美人度アップ 大人メイクを意識しよう!チークの色味と入れ方で美人度アップ
画像出典: fotolia

骨格別「チーク」の入れ方で美人度アップ♡

2017年11月21日
何歳になっても悩むのがメイクの仕方ではないでしょうか?20代、30代、40代へと大人の女性になるにつれて醸し出る雰囲気や、魅せたい印象、トレンドなどを意識すると一体どのような色味や入れ方をすればいいの?と感じることはないでしょうか?今回はあなたの骨格や魅せたい雰囲気に合わせた、チークの入れ方をご紹介します。

骨格やお肌の色味に合わせたチーク選び

メイクは総合的なバランスが重要となってきますが、ポイントに起きやすいのがアイメイクやリップメイク。もう一つ、お顔の印象やお肌の血色の印象をアップするのが「チーク」。そのチーク、適当にサッと乗せていませんか?

お顔の骨格やお肌の色は人それぞれなので、骨格や肌の色味に合わせることでよりお顔の印象をグッと引き上げることが出来ます。

今回は、骨格やお肌の色味に合わせたチーク選びについてご紹介します。

■魅せたい雰囲気によって色味を変えよう

◇可愛い、ガーリー系に魅せたいなら「ピンク系」
◇カジュアル、元気系に魅せたいなら「オレンジ系」
◇大人っぽく、セクシー系に魅せたいなら「ローズ系」

色味を変えてみて
画像出典: fotolia

■骨格に合わせたチークの入れ方

◇丸顔の場合
黒目の中心線と頬骨が交わる場所からこめかみに向かって、細めにサッと乗せるように入れましょう。

丸顔
画像出典: fotolia

◇面長の場合
黒目の中心線と頬骨が交わる場所から耳に向かって楕円形に乗せましょう。

面長
画像出典: fotolia

◇ベース型の場合
黒目の中心線と頬骨が交わる場所からこめかみに向かって、斜めの楕円形に乗せましょう。

ベース型
画像出典: fotolia

◇逆三角形の場合
黒目の中心線と頬骨が交わる場所の少し内側から丸く乗せましょう。

逆三角形
画像出典: fotolia

チークの色味で魅せたい印象が変わるので、ファッションやTPOに合わせて色味を変えることも良いですね。
メイクは骨格のバランスを活かすことが重要なポイントです。

頬骨あたりに乗せるチークは顔の形のバランスによって見え方が変わるので、自身の骨格に合わせて乗せることがポイントですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

執筆者:
寒川あゆみ

LINE@で美LAB.を

友だち追加数