いまの彼が運命の人に変わる方法 いまの彼が運命の人に変わる方法
画像出典: fotolia

「彼は運命の人ですか?」いまの彼が、運命の人に変わる方法

2017年11月23日
いまあなたがお付き合いしている人は、運命の人ですか? もしもこの質問に「イエス」と答えられないのであれば、考えるべきことがあるかもしれません。今日はそんな、「いま付き合っている人が自分にとって運命の人かどうか、判断する方法」について、お伝えしていきます。

いまの彼は運命の人ですか?

いま現在、お付き合いしている人があなたにはいるでしょうか? もしいない人は、いま気になっている人はいますか? その人を、頭に思い浮かべてみてください。どのような気持ちがするでしょうか。

その人が魅力的であればあるほど、きっと胸がドキドキするでしょう。付き合った歴が長い彼のいる人は、様々な感情を感じるかもしれません。

では、ここでひとつ質問をしたいと思います。その彼は、あなたにとって運命の人でしょうか?

この質問に「イエス」と答えられない人は、安心してください。決して、「まずい!」と思う必要はありません。逆に、はっきりと「ノー」と答えられる人は、行動すべきことがあるかもしれません。

ところでこうした「運命の人かどうか、どうやって分かるのか」というのは、恋愛において常に問われるテーマです。今日はあなたにとって「彼」が運命の人なのか、お話したいと思います。

いまの彼は運命の人ですか?
画像出典: fotolia

運命の人はいない。ただいるのは『運命の人候補』だけ

私はこれまで様々な本やセミナー、この分野の権威に教わってきました。その中で出した結論は、「運命の人はいない。ただいるのは『運命の人候補』だけである」ということです。

例えば運命の人を定義するとすれば、「自分の人生で一生添い遂げる人」だとしましょう。それはあなたが人生の最期を迎えたときまで、お付き合いをしていた人ということになります。これは、あなたの人生の最期のときまで、分からないものです。

つまり、私たちは「いまこのとき」を生きる以上、目の前の人が運命の人かどうか、知り得ることは決してできません。目の前にいる人は、『運命の人候補』でしかないからです。

目の前にいる人が
画像出典: fotolia

運命の人に変わるには多くの時間がかかる

運命の人という言葉に定義を加えるとすれば、それは「大切なオンリーワンの存在」というものでしょう。であれば、それはやはり時間をかけてふたりの間に思い出を作り上げるしかありません。

つまり、いまの彼が運命の人になる……すなわち、沢山の思い出を共有した、代わりのいないオンリーワンの存在になるには、非常に多くの時間がかかるわけです。

もしも付き合っている男性がいない人には、これは朗報です。「誰が運命の人なの?」と、もう翻弄されることもないでしょう。なぜなら、ある意味で運命の人はあなたの意志で選べるわけですから。

「いまの彼が運命の人かどうか分からない」という人は、共有できる思い出をまずは増やしてみると良いかもしれません。「そんな気になれない」という場合は、あくまで彼は『運命の人候補』のひとりだったというわけです。また違う『運命の人候補』とお付き合いを始めてみても、良いのでしょう。

運命の人候補かも
画像出典: fotolia

運命の人という言葉が、あまりにロマンチックな響きを含み過ぎていたのかもしれません。私たちは最期まで添い遂げられる人が、あらかじめ決まっているという思いこみを、いつの間にか持っているようにも思えます。まるで、自分以外の「何か」に人生のコントロールを奪われているかのようです。

しかし実際には、運命の人はあなたが自分の意志で選ぶことができます。あなたの運命は、あなた自身が握っているのですから。

執筆者:
今井 翔

LINE@で美LAB.を

友だち追加数