もしも恋愛の専門家が恋人を探すときに使う、3ステップ もしも恋愛の専門家が恋人を探すときに使う、3ステップ
画像出典: fotolia

もしも恋愛の専門家が恋人を探すなら。プロが使う3ステップ

2017年11月19日
恋愛・パートナーシップについてのコラムを執筆していると、ふと思うことがあります。「普段はクライアントの方などに出会いの方法を伝えている自分が、もしもいま新たな出会いを探すとしたら、どうするだろう?」。今日のコラムは、そんな好奇心から生まれました。

プロが使う、新たな出会いを求める3ステップ

基本的に新しい恋人を探すためには、出会いの場に足を運ばなければなりません。しかし、闇雲に行動したところで、自分の希望とする相手を見つけることはできないでしょう。

私がプロとしての知識や経験も踏まえて恋人を探すとすれば、次の3ステップを実行します。具体的に言うと……

1. 自分の希望とするパートナー像を明確にする
2. パートナー候補がいそうな場所をリサーチする
3. リサーチした場所に足を運ぶ


簡単ですが、この3ステップになります。じつに、シンプルですよね?

新たに出会う方法
画像出典: fotolia

一般の人がやりがちな間違い

私のもとに相談に来る方の多くは、そもそも「1.自分の希望とするパートナー像を明確にする」ができておりません。「優しい人」「私のことを大切にしてくれる人」など、大まかな部分の希望しか持っていません。

それよりももっと、具体的な部分を明確にする必要があります。そもそも休日は平日か土日か? はたまた自由に決められる人なのか? 性格を考えるのであれば、どのような価値観がトップ3にくるのか? ファッションはどのようなブランドを好むのか? 職業はどのような職種で、家族と仕事のどちらを優先するタイプなのか?

こうした希望をピックアップし、イメージ写真などを用意します。そして、その「希望するパートナーの資料集」は誰が見ても大体同じような人をイメージできる完成度にするのです。

こうすることで、あなたの脳のスイッチが入り、「こういう人はどこにいるのだろう?」と自然と疑問を投げかけるようになります。

一般の人がやりがちな間違い
画像出典: fotolia

どこにこういう人はいるのだろう?

希望する人の生活スタイルなどが分かれば、あとはリサーチです。あなたの希望する人の出現する場所や、紹介してくれそうな人を考えます。例えば土日休みの人を希望しているのに、平日の昼間に開催される婚活パーティーに行くようなことは、これで無くなるわけです。これだけでも、随分と効率的になります。

もしもどこにいるのかが検討がつかない場合は、リソース不足。情報をもっと、取り入れましょう。

ちなみに希望する人が本当にリサーチした場所にいるかどうかは、行ってみなければ分かりません。ですので、必要なのはテストを繰り返すことです。そこで、次の3つめのステップに移ります。

改善し、繰り返すだけでOK

リサーチが終われば、あとは行動あるのみ。もしもリサーチした場所に足を運んでも希望した人がいなければ、それは方向修正をする必要があるということ。どこを改善すれば良いのか、見直します。

また、希望するような人と出会ったとしても「何か違うな」と感じるかもしれません。これはつまり、意識の上で考えていた希望する人は、本当は希望はしていなかったということです。こうした希望条件の修正も、行動することで初めてできます。

画像出典: fotolia

不思議なもので、こうして行動し出すとパートナー候補の方からやってきたりもします。というのも、情報や縁は行動する人にこそやってくるもの。誰だって、一生懸命に動いている人を応援したくなります。きっと周囲の人も、あなたにパートナー候補を紹介してくれるようになるでしょう。

大切なことは、こうした3ステップを実行するなどして、まずは動くことです。 方法は別に、私がオススメしたこの3ステップでなくとも構いません。あなたがもしも新しい出会いを探しているなら、ぜひ考えるだけでなく、どんどんと行動してみると良いでしょう。

執筆者:
今井 翔

LINE@で美LAB.を

友だち追加数