「面食い」でもいい!徹底的に彼の外見にこだわって良い理由 「面食い」でもいい!徹底的に彼の外見にこだわって良い理由
画像出典: fotolia

「面食い」でもいい!?徹底的に彼の外見にこだわっていい理由

2017年11月11日
「人は外見よりも中身」なんていう言葉を、誰しも一度は聞いたことがあるかと思います。でも、本当にそうなのでしょうか? あなたがもしも「面食い」であれば、納得がきっといかないでしょう。今日は、そんな「面食い」のあなたに、お伝えしたいことがあります。

「面食い」は批判されがち

あなたは恋人を選ぶときに、どのような基準で選びますか? なかには、「とにかく外見が全て」という人もいるかもしれません。

こうしたいわゆる「面食い」な人たちは、ともすれば批判されがちです。「中身よりも外見を選ぶなんて、最低!」と言われてしまう場合もあります。

「面食い」であることは、本当にそんなにも悪いことなのでしょうか?

外見を重視
画像出典: fotolia

「面食い」であることは、生物としては当然である

じつは外見の良い人たち(ここでは顔が整っている人たち)は、非常に顔が左右対称に近いと言われています。顔の左右対称が崩れてしまう原因としては、病気やストレスがや遺伝など挙げられます。

つまり、顔が左右対称でイケメンであるということは、病気やストレスに対して強く、遺伝的に飛びぬけた部分があると考えられるわけです。

病気やストレスに強い子孫を残すことは、生物という観点から考えれば当然の戦略でしょう。つまり、「面食い」であるということは、ある意味でそうした優れた「内面的な魅力」に惹かれているとも言えます。

そう考えると、「面食い」は生物としては当たり前ですし、むしろ誇るべきものなのかもしれません。

面食いはむしろ当たり前?
画像出典: fotolia

「面食い」を批判する人たちは、あなたに嫉妬しているかも

あなたが「面食い」であることを批判する人たちは、じつは自由に自分の欲求に対して正直に生きる姿を見て、嫉妬しているのかもしれません。

「自分ももっと、イケメンが好きと大声で言いたい」「でも、内面を重視しない人間と思われたくない」。そんな風に、あなたというよりも、自由に生きられてない自分に対して、腹を立てているのかもしれません。

外見を重視するも、内面を重視するも、恋愛は自由です。大切なのは、あなたが幸せを感じられる恋愛をするということ。

面食いだって自由
画像出典: fotolia

この際、周りの批判は無視してしまいましょう。そうでなければ、周りを納得させるための恋愛になってしまうかもしれません。

あなたの人生は、あなたのもの。誰にも遠慮する必要なんて、ないのですから。

執筆者:
今井 翔

LINE@で美LAB.を

友だち追加数