メイクの失敗や困ったを解消する方法5つ メイクの失敗や困ったを解消する方法5つ
画像出典: fotolia

メイクの失敗や困った!を解消する方法5つ

2017年11月11日
忙しい朝、メイクをしているとうっかりミスすることや、困った状況に陥ることがあります。そんな時慌てて対処すると事態が余計に悪化することがあります。そのため困った時に対処する方法を知っておくと、いざという時に慌てずに済みます。

そこで、今回はやりがちなメイクの失敗を解消する、オススメの方法をご紹介したいと思います。

1. 眉を濃く描き過ぎちゃった!

アイブロウペンシルで眉を描いているとやりがちなのが、眉をついつい濃く描き過ぎてしまうというもの。とはいえ、メイクを落として描き直すのは面倒ですよね。

そんな時にオススメなのが、スクリューブラシ眉マスカラを使ってぼかすという方法。

まず、描き過ぎてしまった部分を毛流れに沿ってスクリューブラシで優しくなんどもぼかします。その後眉マスカラを軽くしごいてから重ねます。そうすると自然に濃く描き過ぎてしまった眉をぼかすことができますよ。

眉毛をぼかす
画像出典: fotolia

2. リップが濃過ぎてケバい!

リップを直塗りした時に多いことですが、濃くつき過ぎてケバい印象に見えてしまうことがあります。そんな時は何度かティッシュオフしてからグロスを重ねると色みや発色の強さを調整することができます。

また、事前に濃いリップの色みや発色を調整したいと思った時は、唇の中央付近の3箇所くらいにリップを塗りつけて、それを指でポンポンと全体にのばすのがオススメです。そうすると一瞬怯んでしまうような色みの濃いリップもナチュラルに塗ることができますよ。

3. チークを塗り過ぎておてもやん

チークでやりがちなミスは、ついつい色をのせ過ぎてしまって、おてもやんのようになってしまうこと。そんな時はスポンジで優しく色を擦り落としてから、パウダリーファンデを薄く重ねるとうまくぼかして、自然な仕上がりに調整することができます。

チーク
画像出典: fotolia

4. マスカラがつき過ぎて、まつ毛同士がくっついちゃった!

マスカラの液をたっぷりブラシにつけてまつ毛に塗った方が、目力がアップするように思えるかもしれません。しかし、それではまつ毛同士がくっついてしまったり、ダマになることがあるので要注意。マスカラのブラシは軽くティッシュオフしてから塗るのがオススメです。

しかし、気をつけていてもまつ毛同士がくっついてしまうということがあります。そんな時はまつ毛コームを使って1本1本離しましょう。

5. 時間が経つとマスカラやアイシャドウが落ちて目の下が黒くなる

時間が経つとマスカラやアイシャドウが目の下に落ちて、黒くなってしまうということがあります。そうすると、疲れた印象に見えたり、老けて見えてしまうことがあるので、一刻も早く対処することが大切です。

最もオススメなのは、常にポーチに拭き取りタイプのクレンジング剤などを含ませた綿棒を忍ばせておくこと。無印良品RMKなどで販売されているのでお悩みの人はぜひお試しを。

綿棒でケア
画像出典: fotolia

この他、事前に予防する方法としては目の下にフェイスパウダーを塗ったり、アイシャドウベースを塗ってからアイメイクをしたり、フィットして崩れにくいクリームタイプなどのアイシャドウを使うという方法があります。お悩みの人は試す価値アリ!

まとめ

いかがでしたでしょうか。メイクのミスをカバーしたり、困ったを解消するには便利なツールを揃えておくことも大切です。早速メイク道具を見直すことから始めてみてはいかがでしょうか。

執筆者:
遠藤 幸子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

女磨きカテゴリから探す