結婚がきっかけに疎遠に…女同士の友情を上手く続けるコツは 結婚がきっかけに疎遠に…女同士の友情を上手く続けるコツは
画像出典: fotolia

結婚がきっかけで疎遠に…。女同士の友情を上手く続けるコツは?

2017年11月05日
学生時代、あんなに仲の良かった女友達。しかし、結婚して子どもが生まれたタイミングで、会ってもなんだか話が弾まない。楽しいと感じることが減って、だんだんと疎遠になってしまう。こんな悩みを抱えている方はいませんか。女ならば、避けて通れないとも言えるこの現象。解決する方法はあるのでしょうか。

ライフスタイルのズレが、疎遠を生む

独身と既婚の女性の間には、ライフスタイルに大きなズレが生じます。自分の好きなように時間を使える独身者に比べて、既婚者はライフスタイルのベースが家族になります。

またライフスタイルが変われば、話題や悩みも変わってきます。独身なら婚活や仕事の悩み、既婚なら家族や子育ての悩みに変わります。両者はそれらを共有することができず、話がイマイチ盛り上がりません。やがて、「なんだかな」とお互いに感じるようになり、距離を取るようになります。

イマイチ盛り上がらない
画像出典: fotolia

悩み解決のコツは、疎遠を受け入れること

疎遠になることは悪いことではありません。むしろ自然なことです。ライフステージの違う彼女との時間が楽しめないと思ったら、無理にしがみつかずに、離れること受け入れましょう。

時間が過ぎて、50代や60代になり、再び共通の話題が増えてきたら、また会う機会が増えるということはよくあるようです。

好きな友人に会えないのは少し残念ですが、SNSでお互いの近況を報告するなど、ライトなつながりを続けるのがストレスを感じないコツです。

疎遠を受け入れて
画像出典: fotolia

会ったときは、共通の話題で楽しもう

ライフステージの違う友達に会うときは、共通の話題で盛り上がるのが一番。お互いの趣味や、学生時代の思い出話に花を咲かせるのがいいでしょう。

また、お互いを尊重する気持ちを忘れてはいけません。相手が想像できないであろう悩み相談や、嫉妬を生むような自慢話は避けること。

SNSや年賀状などで距離を保った関係を続けていけば、少しくらい疎遠になっても、友情が壊れることはありません。

執筆者:
東 香名子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

恋愛カテゴリから探す