意外と知られていない!眉毛の正しい書き方とは? 意外と知られていない!眉毛の正しい書き方とは?
画像出典: fotolia

知らなかった…!「眉毛の正しい描き方」をレクチャー

2017年11月08日
メイクの中でも難しいとされている「眉毛」。眉毛の形や太さによって全然印象が変わります。細い眉や太い眉、平行眉などが流行ってはいるものの、「一体どれが自分の顔には似合うの?」と感じている方も多いのではないでしょうか?「流行っているからといって真似する」「なんとなく描いている」だけではなく、自分の骨格に合わせた「眉毛」を作るポイントを押さえましょう。

■眉毛の形や描き方の基本

まず、眉毛の形や描き方の基本を覚えておきましょう。

(1)小鼻の真上の延長線上に眉頭・小鼻から黒目の外側に眉山・小鼻から目尻の延長線上に眉尻が基本。

点で印を書きながら埋めていくように描いていくと、わかりやすくなります。

点で印を書きながら埋めていく
画像出典: fotolia

(2)一番濃くするところは「眉の中心部分」のみ

眉毛の中心部分を毛と毛を埋めていくように、ペンシルやパウダーを使って埋めていきます。

眉の中心部分を濃く
画像出典: fotolia

(3)「眉山」と「眉尻」をアーチを描くようにつなぎ合わせる

あまり色を濃くしてしまうと印象が強くなってしまうので、優しく自然に描きましょう。

優しく自然に眉尻を描く
画像出典: fotolia

(4)「眉頭」は足りない部分を埋めてボカす

元々の眉毛の形や濃さ、長さなど、左右非対称であることもありますよね。そんな時は、顎を少し上にあげると顔を左右対象にみることができます。

眉頭をぼかす
画像出典: fotolia

その際に小鼻の延長線上に眉頭が来るように薄く印をつけ、パウダーでボカしながら埋めていきます。

画像出典: fotolia

(5)最後に髪色に合わせたブラウンマスカラで、毛に色をのせることでナチュラルな眉毛が完成

ブラウンマスカラでナチュラルに
画像出典: fotolia

この基本さえ出来れば、太くすることも、細くすることも可能です。

顔の骨格を無視し、「平行眉」「困り眉」を描くと、かえって老けた印象に見えてしまうことも‥。まずは基本的な眉毛の描き方を覚えておきましょう。

執筆者:
寒川あゆみ

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

女磨きカテゴリから探す