げ!クマが!乾燥して肌がいまいち・・。老け顔の大敵クマや乾燥を和らげる食材って? げ!クマが!乾燥して肌がいまいち・・。老け顔の大敵クマや乾燥を和らげる食材って?
画像出典: fotolia

老け顔の大敵!「目の下のクマ」や「乾燥」を和らげる食材って?

2017年10月24日
鏡をのぞきこんで目の下のクマがひどかったり、肌が乾燥してうまくメイクが仕上がらなかったりして自分の顔を見てげんなりすることはないですか?せっかくなら鏡を見る時間「今日の肌はいい感じ!」と楽しんでメイクやスキンケアをしたいですよね。今回は老け顔の大敵!クマと乾燥を和らげてくれる食材をご紹介しますね。

クマにもタイプがある!?タイプ別のおすすめ食材

目の下のクマがあると疲れているように見られたり、老けてみえてしまいますよね。クマにもタイプがありますのでタイプ別に対処していきましょう!さぁ、あなたのクマは何タイプでしょうか?

<目の周りが青黒くなる・まぶたが腫れる・皮膚は荒れて乾燥しているクマタイプ>
このタイプは、精神的ストレスや栄養不足などにより、気・血(けつ)の流れが停滞したことが原因のひとつとなり起こります。気・血が停滞すると、体内に滞った血液=お血ができ、正常な血液の巡りを妨げてしまいう可能性が。これにより目の周りの血行も悪くなると、まぶたは腫れぼったくなり、目の周りは青黒くくすんできてしまいます。

対策としては、血の巡りを良くしてくれる食材を積極的に摂りましょう。ただ、長年しみついたお血はすぐには改善されません。長期戦になりますが継続は力なり!ですので、お食事とライフスタイルを見直してお血を改善していきましょう。

●おススメ食材▶血の巡りを良くしてくれる食材がキーワード!●
玉ねぎ、ねぎ、にんにく、納豆、黒豆、セロリ、パセリ、にら、青魚(いわし、さんまなど)桃、プルーン、甘酒

精神的ストレス
画像出典: fotolia

<目の周りが黒ずむ・皮膚のたるみ・シワが多くなる・目がかすむクマタイプ>
このタイプは、発育機能を担当している腎が弱っている可能性が。この腎機能が弱ってしまう原因の一つとして冷えが挙げられます。腎は寒いのがとても苦手。寒いのに生足だったり、薄着だったりしませんか?このタイプは寒さ対策をしっかりすることプラス、腎が喜ぶ食材を取り入れていくことを心がけましょう!

ちなみに腎という臓腑は腰の部分にありますので、ひざ掛けを腰の位置にぐるっとかけてあげると腎がごきげんになります!身体を外からも中からも温めて腎にごきげんに働いてもらいましょう。

●おすすめ食材▶腎が喜ぶ食材は黒いものがキーワード!●
黒豆・黒豆茶・黒きくらげ・黒ごま・昆布

●黒食材以外のおすすめ食材●
エビ・ブロッコリー・カリフラワー・生姜・にんにく

黒豆
画像出典: fotolia

美肌の鍵は潤い!肌の潤いを保つ食材って?

乾燥は美肌の大敵ですよね!お肌に潤いがあることでイキイキして若々しさを保つことが出来ます。化粧水だけでなく、体の中にも潤いを与えていきましょう!

中医学の世界では、乾燥は肺という臓腑がもっとも影響を受けると考えらえています。「肌は内臓の鏡」と言われるように内臓と肌は密接な関係にあるのです。肺とお肌が密接に関わっているということは、肺という臓腑が喜ぶ食材を積極的に取り入れていけば肺がごきげんに働いてくれますよね。そんな肺が喜ぶ食材を積極的にお食事に取り入れて行きましょう!

●おすすめ食材▶キーワードは白食材がキーワード!●
白きくらげ・大根・豆腐・豆乳・白ごま・松の実・梨・れんこん・甘酒
      
●白食材以外のおススメ食材●
はちみつ・アスパラガス・桃・いちじく・アーモンド・山芋

いちじくにハチミツ
画像出典: fotolia

終わりに・・・

綺麗なお肌でいたい。これは女性の皆様であれば誰もが思う事ですよね。その綺麗なお肌を維持するとなると、最初に思いつくのはスキンケアなどの外からのケアを思い浮かべると思います。

でも、忘れないでください。お肌は日々のライフスタイル、あなたの食生活で出来ています。外側のスキンケアは実感がすぐ湧くので、そちらにばかり気をとられてしまいがちですが、内側からのアプロ―ちも忘れないでください。

いつもの食事を見直し、今回ご紹介した食材を取り入れて頂くことで、きっとお肌の調子がみるみる変わってくるはずですよ。鏡を見るのが楽しい毎日になりますように。

執筆者:
倉口 ゆうみ

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい