メイクしたまま寝ちゃった!お疲れ女子の翌朝お助けスキンケア メイクしたまま寝ちゃった!お疲れ女子の翌朝お助けスキンケア
画像出典: fotolia

メイクしたまま寝ちゃった!お疲れ女子の翌朝お助けスキンケア

2017年10月17日
お酒を飲んで帰った日、倒れそうなほど疲れ果てた日、いけないと分かりつつもメイクを落とさずに寝てしまった…なんてことありませんか?今回は翌朝自己嫌悪に陥る前に、ダメージを少しでも回復させるべくスキンケアと対処法をご紹介します。

まずは知っておきたい。メイクを落とさずに寝るという“リスク”

化粧品には油性成分や顔料などが使用されており、日中汗や皮脂と混ざり合うことで活性酸素を出して過酸化脂質になります。

それらが毛穴に入り込んでしまうと、お肌の老化を進行させてシミやたるみの原因になり、さらに酸化した化粧品が毛穴を塞ぎ、菌が繁殖してニキビの原因にもなってしまいます。

メイクを落とさずに寝てしまう
画像出典: fotolia

翌朝自己嫌悪に陥る前にやるべきこと

メイクを落とさずに寝てしまった翌朝は、肌ダメージを少しでも回復させるために入念にケアをしましょう。

1.お風呂に入って汗をかく
まずは毛穴を開き、汗をかいて老廃物を排出させましょう。朝からお風呂に入る時間がない場合には蒸しタオルを使って毛穴を開いても良いでしょう。

2.いつもより優しくメイクを落とす
メイクをしたまま寝てしまった翌朝は、ついしっかりクレンジングをしたくなりますが、この時点でいつもよりもお肌に負担がかかってしまっているので、過度なクレンジングは敏感肌を引き起こす可能性も。

クレンジングもゴシゴシせずにいつもよりも優しく丁寧に、洗顔料もたっぷりの泡で優しく洗い、ぬるま湯で丁寧に洗い流しましょう。

3.保湿も忘れずに
保湿も優しく丁寧に、化粧水や美容液などでたっぷりと水分を補ってあげましょう。その後に水分を閉じ込める乳液やクリームでの“フタ”も忘れずに。

保湿
画像出典: fotolia

お疲れ気味な大人女子が準備しておくと良いもの

メイクを落とさないで寝てしまうリスクは想像以上に大きい。わかっていても何度も繰り返してしまうお疲れ気味な大人女子は、面倒なクレンジングの工程を最小限にしてみては?

とりあえず汚れを落とし保湿ができるように、ダブル洗顔不要のクレンジング剤やオールインワン化粧品などを常備しておきましょう。

※シートタイプのメイク落としは摩擦によるダメージが大きい場合があるので、使用には注意が必要です。


また、内側からも回復させるためにビタミンC、B2、B6などのサプリメントや良質なコラーゲンの入った美容ドリンクなどを摂ることもおすすめです。

メイク落としは優しく
画像出典: fotolia

疲れた自分とお肌にご褒美を

仕事や子育てなどでよく働く大人女子ほどメイクしたまま寝てしまいがち。そんな翌日くらいはきちんとメイクを落として、いつもより上質な美容ドリンクなどを飲み、夜はリラックスして過ごして早めに就寝しましょう。

ストレスを蓄積させないように、あなたの心にもお肌にもご褒美をあげましょう。

執筆者:
沖 りか

LINE@で美LAB.を

友だち追加数